[八幡平アスピーテライン] ブログ村キーワード

美しい紅葉を見たくてこの10月上旬に秋田県にある秘湯・乳頭温泉郷と八幡平ドライブを計画いたしました。高度が上がるにつれて木々や草が次第に色づいていくのをはっきり目撃するのは初めての体験です。自然の織りなす豊かな色彩の美しさにすっかり圧倒されてしまいました。

 

これは2017年10月9日の連休に訪れました、秋田県鹿角(かづの)市と仙北市に跨がる八幡平(はちまんたい)温泉郷にある大沼です。訪れる直前に仙北市紅葉情報を確認して計画した結果、秋田県仙北市の乳頭温泉郷から北上し、玉川ダム玉川温泉を通って八幡平アスピーテラインを行けるところまで行くことにしました。

スタートは乳頭温泉郷にある妙の湯温泉です。今年の6月末に訪れた際には青葉に包まれていた渓流沿いの旅館の周りは、滞在するうちにどんどん色づいていくのが判りました。
・・・6月の記事は『雨の角館と田沢湖、そして乳頭温泉郷の妙の湯温泉へ』です。

この日は霧雨混じりの曇天でしたが田沢湖の北方にある玉川ダムのダム湖、宝仙湖はエメラルドグリーンに輝いていました。 

国道341号線を新玉川温泉・玉川温泉へ北上する途中に美しい渓流がありました。鮮やかな紅や黄色の木々が目立ってきました。

だんだん緑色を保っている葉の比率が少なくなってきて・・・

小雨の中、玉川温泉を過ぎると大場谷地の展望台があります。青空ではありませんが、大きな一眼レフカメラを構えた旅行者が何人もいました。とうとう山全体が色づいて山火事のようです。さらに八幡平ビジターセンターや大沼・後生掛(ごしょうがけ)温泉周辺を通ったところ、この日訪れた秋田県側のアスピーテラインのなかではこの辺りが一番混雑していました。紅葉が一番のスポットを皆さんご存じのようです。

正午少し前でしたけれども、予定していた玉川温泉も後生掛温泉もマイカーで訪れる観光客が多くて駐車スペースがありませんでした。八幡平ビジターセンターもクルマでいっぱいです。もうもうと湯気の上がっている後生掛温泉をあとにして蒸ノ湯(ふけのゆ)温泉を目指すことといたします。

蒸ノ湯温泉では本館の前の広い窪地に源泉の湧く「地獄」があり、露天風呂がおおらかに点在していてさながらヌーディストビーチのようでした。

蒸ノ湯の旅館のお兄さんが黒たまごを茹でていました。次第に空が怪しくなってきましたので、さらに東へ向かって標高1,813メートルの八幡平山頂付近へ向かって昇っていくと、灌木がなくなるにつれ霧が立ちこめてきて視界が悪くなってきてしまいました。

八幡平樹海ラインを少し行くと藤七温泉彩雲荘があります。蒸ノ湯温泉に似た広い草原に、露天風呂が点在しています。女性用露天風呂へ行くには、いくつかある混浴露天風呂を通り抜けなくてはなりません。

囲ってあるのが女性用露天風呂です。霧が出ているのをいいことに思い切って入ってみることとしましょう。ほんの少ししか身にまとわずに大自然の中を歩くのはこれまでにない、画期的な体験でした。さらに濁り湯の露天風呂では足下の砂地からボコボコお湯が湧き起こっていて衝撃的でしたが、体の芯まで温まるのがわかりました。

さらに霧が濃くなりましたので、盛岡側へは行かずに藤七温泉から同じ道を引き返すと、ようやく薄日が差してきました。

ふけの湯温泉停留所に戻るとこんな光景が広がりました。 白いのは霧ではなくて、温泉の湯気なのでした。

陽が差すと紅葉が一段と深みを帯びて綺麗です。

ここから先のアスピーテラインは両側ともに紅葉天国です。

昼前に比べて今度は駐車場に余裕ができていたので、クルマを降りて湿原とブナ林で囲まれた大沼自然探索路をたどります。湿原も草紅葉です。湿原の木道を抜けて撮影したのが最初の写真でした。

大沼の辺りに辿り着いて、その美しい光景に息を呑みました。

大沼の楓は一気に紅葉したらしく、燃えるような鮮やかな赤が混ざっていてキレイすぎます。

興奮覚めやらぬまま田沢湖高原温泉郷へ戻ると、田沢湖に光が差し込む神々しい光景に出会うことができました。感動の紅葉狩り体験となり大満足であります。

 

最後にふけの湯温泉の動画をご覧くださいませ💖
海外旅行も愉しいのですが、日本国内にもまだまだたくさんの美しい処があるのですね。

 

 

 

 

via いばりこぶた's WORLD
Your own website,
Ameba Ownd