日本人にとって、

どうして

こんなにも

「英語の発音」が

難しいのでしょう?

 

ちょっと視点をかえて

考えてみませんか?

 

 

実は、難しくて当たり前…

なんです。(^^;)

 

 

 

 

こんにちは。

 

ネイティブの心をつかむ

体感型★波動英語レッスンをしております、

英語発音コーチ、波動プロデューサー 

Tamaki 原山 です。

 

 

 

発音からわかる、

その方の口の中(口蓋)や、

舌の動き方にあわせた、

完全オーダーメードの

レッスンを行っています。

 

当レッスンの特徴である
流れ星「口蓋が見えるってどういうこと?」流れ星
とは、こちらから、どうぞ(^^)/

 

 

言語には、

それぞれの国の歴史、文化、習慣、

人々の思いなどが込められており、

 

 

量子力学の視点からみても、

上記は、すべて

「それぞれの波動」を持っている

ということは、

 

 

言語には、

それぞれ特有の「波動」があること

ご理解いただけると思います。

 

 

 

また、

日本語と英語の

言語学的なな違いの中で、。

 

もっとも大きいことは、

 

「日本語は孤立語

であるということ。

 

どことも

つながりのない言語構造。

 

 

=====

◆参考までに、

そのほかの孤立語は、

 

「アイヌ語」

「朝鮮語」(言語の分類として)

「バスク語」(スペイン北部の言語)

=====

 

 

 

 

それに対して、英語は、

 

インド・ヨーロッパ語族 

ゲルマン派 

 

それなりの系列があります。

 

 

実は、私は日本語教師でもあり、

外国人に日本語を教える時の

複雑さに、

当初はとても驚きました。

 

 

「て形」

「ます形」

 

と聞いて、

いったいどういう分類なんだ?

…って思いませんか。

 

 

例)

「たべる」「あそぶ」 という動詞に対して。

 

<ます形>は、

「たべる」 ➡ たべ(ます)  

「あそぶ」 ➡ あそび(ます) 

 

シンプルに変化しますが、

 

 

<て形>は、 

「たべる」 ➡ たべ【て】「ます」 に変換

「あそぶ」 ➡ あそん【で】 =あそ(ん)が入り 、

         「て」 が 「で」に変化

 

おまけに

て形が、 

現在進行形の意味をもつ…という括りで、

教えているのではなく、

後付けで、そのように説明…。

 

 

…このような変化を

平気でさせている

言語なのです。

 

 

こんな切り口から、

外国人に日本語を教えます。

 

 

 

日本語を

無意識に使っている私たちでさえ、

改めて このような説明をされると、

 

うぅ~~~む、

…っていう感じになりませんか・

 

 

外国人への日本語の授業では、

すべて「日本語」です。(当然か!)

 

つまり、生徒さんがわからなくても

通じなくても、きょとんとしていても、

 

とにかく講師は、「日本語オンリー」で

問いかけ続けます。

 

 

正直、忍耐力との勝負…といわれるほど。

 

 

 

こんなに大変な思いをしてまで、

なぜ、外国人は日本語を

覚えたいのか?

 

 

それは、

外国人にとって、

日本語は、

憧れの言語だからです。

 

 

大変な思いをしてでも

習得した方が、

人生において、

きっと有益だと思われるから、

頑張るのです。

 

ですから、基本、

学ぶ時間を、おしみません!

 

相当な時間を、

かけて、習得しています。

 

彼らの努力には、

頭の下がる思いです。

 

 

自分が外国人だったら、

決して選びたくない言語だと

つくづく実感したほどです。

 

 

そのくらい日本語は、

特別な言語!であることを

改めてご記憶にいれてください。

 

 

            ウインク

 

 

その、とっても

面倒な日本語を、

普通に使っている

私たちです。

 

その私たちにとっての、

英語とは、

英語の発音とは?!

 

 

 

 

ここがポイントです!

 

外国人が日本語を学ぶ

ハードルの高さは、

わかりましたよね。

 

 

 

では、

日本人にとって

英語を学ぶことの

ハードルの高さは、

 

仮に

アメリカ人が、

日本語を学ぶことの

ハードルの高さと、

 

ほぼ同じだということ、

 

にお気づきでしょうか。

 

 

 

特に「発音」。

日本語には

「存在しない音」

のオンパレードです。

 

知らなくて当然なのです。

 

 

 

 

多くの、英語教室では。

文法 と 発音 

を教えていますね。

 

 

文法は、ご存知のとおり、

日本語よりシンプルかもしれませんが、

覚えることは、たくさんあります。

 

「学ぶ」ことはかなりの量になります。

 

 

一方、

「発音」については、

そこまで時間を割いて

レッスンしているところは、

少ないと聞いています。

 

 

が! 

「英語の発音」も、

自由に使えるようになるためには、

学ぶことは、

かなりの量になります。

 

 

 

今、私がレッスンの中で、

お伝えしている内容は、

 

私の中の、発音関係の知識の

ほんの一部にすぎません。

 

 

「発音」だけでも、

膨大な時間を要する、 

とても大き分野なのです。

 

 

そのことにお気づきの方も、

たくさんいらっしゃると思います。

 

 

英語は音声言語。

英語にとっての要は、

「発音」 ありき…なのです。

 

 

 

 

       ウインク

 

 

 

当レッスンでは、

「英語力」についての、

補足はしていません。

 

 

文法、語彙、言い回し、

もろもろ…

 

デスクの上で、

頭を使って学ぶことについては、

 

そのエキスパートがたくさんいらっしゃるので、

ぜひ、ご自身に一番合う先生の元、

思いっきり学んでいただきたいと思います。

 

 

 

その上で、当レッスンでは、

「発音」に特化させていただいています。

 

 

ですから、

 

・もっとネイテイブらしい会話したい

・仕事でもっと英語を使いたい、

・英語の歌をもっと上手に歌いたい

 

 

そのような方々は。

 

もっとたくさん会話したい

➡ 語彙力、言い回しの知識をもっと入れる

 

 

仕事でもっと英語を使いたい、

➡専門用語の習得、業界ならではのいい回し

 などを徹底して身に着ける

 

 

英語の歌をもっと歌いたい

➡歌といえば、歌唱力!

 歌い方について、声の出し方について

 専門のボイストレーナーさんにつく。

 

 その上で、歌の発音専用の

 レッスンが可能です、

 

 ※こちらでレッスンを受ける方には、

  必要であれば、

  洋楽専門のボイストレーナーさんのご紹介も

  可能です。ご相談ください

 

 

などなどです。

 

 

 

その上で

みなさまの英語力が

活きてくるのが、

 

「発音力」

 

実は、英語の中で、

一番難しい部分を

 

お手伝いいたします。

 

ご一緒に!

 

 

 

 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

!マーク体験レッスン募集再開!マーク

 

個別レッスンをご希望の方はこちらへ>

 

サゲサゲ↓ サゲサゲ↓ サゲサゲ↓

 

流れ星2020年 8月~11月の<個別体験レッスンの予約>受付中。流れ星

当面、zoomでのレッスンです。対面ご希望の方は、その旨お知らせください。

 

体験レッスン (対面・slype) について

 

いったいどんな内容のレッスンなのか。

ご自身の英語の発音についてのご相談など、

お気軽に 体験しにいらしてください。

 

対象:英語の歌の発音を良くしたい方

    (プロ・アマ問いません)

 

日程: 平日 10時~17時、

     土日 応相談

 

時間:60分

 

場所:対面 都内(ホテルラウンジ、スタジオ)、

       オンライン zoom、スカイプ可

 

価格:通常60分  10,000円 → 5,000円(税込)

    コロナの時期を鑑み 7月末まで 3000円(税込)

 

【毎月先着3名限定】 ※各回1名

 

 

【お申込みフォーム】

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/15859

 

※ご希望の日時を、第三希望までお知らせください

※Skypeか対面の希望もお聞かせください。

※2,3日以内に日程を確認の上、ご連絡させていただきます

※ご自身のお飲み物代は、ご負担くださいませ。
 

 

 

☆☆☆☆★☆☆☆☆

 

<伝わる発音塾>

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

 

 Thank you for visiting and Have a very nice day! 

 

お越しくださり、ありがとうございました。 

 

皆様にとって、素敵な一日となりますように…。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*