aQuaRiuM

aQuaRiuM

※このブログは9割の自己満足で形成されています。

*message

どうやらブログを始めてから, 記念日 らしいです。



このブログは


・日常

・ピグライフ,ピグアイランドの話

・イラスト(と言ってもアメンバー限定)

・オリキャラ雑談

・ゲーム話


を扱っております。

ゆるりと更新中。


Amebaでブログを始めよう!
海月:海帆がやっていたので便乗だぜ!
紫苑:つーことで、作者はひっこめ。
海月:……はい。

質問配布元:あなぐら

[--] 座談会を始める前に、まず今日の出席者を確認します。ひとりずつ自己紹介をどうぞ。

由利:高坂由利です。一応高校2年生のはずよ。
零:神崎零! 高校2年生だ!
紫苑:赤坂紫苑。学年は上の二人と同じ。
蘭:宮崎蘭です。高校2年生です。双子の姉がいます。
洸:そんな蘭の姉の里中洸でーす。諸事情により名字は別なんだけどね。
優斗:早見優斗です。高校2年生です。
葵:斉藤葵です。学年については皆様と同じです。
博也:田中博也でーす。
万菜美:櫟万菜美ですっ。名字は「あららぎ」と読むんだよ。
颯太:道端颯太です。……自己紹介だけでこんなに長いのかよ。

[01] 今日のテーマは「作者について」ですが、皆さんは作者のことを何と呼んでいますか?

紫苑:全員一致で「作者」じゃねぇの?
万菜美:あたしはたまにくーちゃんって呼んでるよ。

[02] あなた方の作者はどんな方ですか?

由利:アホ。
零:……神様?
紫苑:あれが神様だったらビックリだわ。……間抜け?
蘭:好き勝手言い過ぎじゃないかな……。
洸:いい人だと思うよー。
博也:それ幻想じゃねぇの。
葵:失礼なことを言ってはいけませんよ。
万菜美:はっちゃけた人だよね。
颯太:テンションおかしいと思う。

[03] 作者に付けられた名前、ご自身ではどう思っていますか?

万菜美・颯太:何でこんな名字なのか知りたい。
由利:珍しいハモりね。
洸:うちらは何で別々の名字なのか知りたいよ。
蘭:確かにねー。
葵:私としては、洸さんはどうやってこの漢字にたどり着いたのかが気になります……。

[04] 容姿や髪型についてはどう思っていますか?

零:小さい。でかくしろ!
紫苑:手前は存在自体がうるさいから大きくなると余計に邪魔になるだろ。
零:失礼な!
紫苑:博也も同じくな。
博也:何故先回りされたのだろう……。
優斗:俺の容姿って結局どんな感じなんだろう。
万菜美:くーちゃんって結構決めていないような気がする。
葵:私は結構具体的ですよ?
博也:それは葵が特殊例だからだろ。

[05] 何か全体的に作者に不満のある方っています?

零:放置しすぎだろ!
紫苑:いくらなんでもあんまりだ。
颯太:でも作者一応PCにはログインしてたらしいぞ。
由利:ピグにでも飽きたんでしょう。
颯太:もっと話したいんだけど。
優斗:俺も登場回数少ないから、個人的には増やしてほしいかも……。
由利:優斗の場合、彼女いるから彼女ネタの時にはどんどん出るじゃない。

[06] 自分と作者で似ている点はありますか?

由利:……さぁ?
紫苑:似てるところなんてあるわけないだろ。
零:ないない。
蘭:この辺って作者に対して厳しいよね……。
万菜美:付き合い長い分、容赦もないよねー。

[07] 作者に頑張ってもらいたいことはありますか?

由利:もっと雑談増やしなさい。
紫苑:上に同じく。
葵:……勉強を、頑張る、とかですか?
万菜美:あおちゃんから謎のオーラが出てるんだけどどういうことなの。

[08] 何か願望のある方、この場を借りて作者におねだりしてみましょう。

洸:蘭を幸せにしてあげてください。
蘭:待って洸。何で土下座してるの!?
紫苑:……とりあえず、直也とイチャイチャさせろってこと?
蘭:紫苑くんっ!!!!
由利:カップル勢を一緒にいじり倒しましょう、とか?
蘭:あああああ由利ちゃんまで何言ってるの……!!!!
優斗:……蘭は落ち着くところから始めようか。
蘭:優斗何でそんなに落ち着いてるの!?
優斗:今更こいつらに慌てたところで何も始まらないだろ……。

[09] 作者にとってのあなた方は、どんな存在だと思いますか?

由利:……こればかりはなんとも言えないわよね。
万菜美:分かったらあたし達はエスパーか! って話だもんね。
颯太:大事に思われてるといいけどな。
紫苑:だとしたら、今までの杜撰な扱いを謝罪してほしいわ。

[10] では、今日のテーマ「作者ついて」のまとめをお願いします。

零:案外短かったな。
紫苑:このメンバーの多さでやってここまでまとまったんだから十分だろ。
由利:確かに。まぁ、作者についてやってみたけど、どうだったかしら。
紫苑:改めて聞くのかよ!
由利:二人のが回答になってないからよ。
蘭:……未知数だなぁと思ったよ。

[--] お疲れ様でした。


久し振りすぎてそろそろ由利さんに刺されそうですね。