治療プログラムの見つけ方(和歌山県の発達障害の特徴) | 発達障害の子育てのブログ

治療プログラムの見つけ方(和歌山県の発達障害の特徴)


この石原さとみちゃんは、じっくり見てもカッコイイですね。
ファッショの色合い、姿勢、表情、動きがなくてもカッコイイのは本物の証拠です。

石原さとみ カレンダー 2010

石原さとみ、ド派手&セクシードレス姿を初披露
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100912-00000004-oric-ent

和歌山県の発達障害の特徴といえばやっぱりアレ!?


「新宮市」「印南町」また「那智勝浦町」でしたら、まずは近くを探して確認してみてください。


ほかにもオーケーウェブなどでも具体的な相談があります。


ところが、ただ考えていてもよい考えはでないものなんですよね。和歌山県だとしたら、「河西公園」とか「近畿大学附属和歌山中学・高等学校」・「紀勢本線」などで気分転換もいいのではないでしょうか。 では、対策の話に進みましょう。 少なくとも5ページくらいは、見てくださいね。






それでは、和歌山県の発達障害の特徴の詳細、「治療プログラムの見つけ方」をポイントからお話をします(^o^)




どうしたら「みなさんのお子さんにとって」適切な治療プログラムを見つけることができるのでしょうか?

発達障害(アスペルガー障害)がある、あるいはその疑いがあるお子さんをお持ちのご両親にとっては心配ごとです。


他の誰でもなく、一般的な良い悪いということは別問題です。

わが子にとって最も適切なプログラムをなんとかして見つけてやりたい、というのが、おそらく何よりもの願いではないでしょうか?


『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004では、高機能自閉症スペクトラム症候群(発達障害と高機能自閉症)の診断を受けたお子さんが、どのようにしてそのお子さんにとって最もふさわしいプログラムを見つけたらいいのか、次のように述べています。

 

1.診断を受けたらすぐ、お子さんの学校の校長先生に連絡を取ってください。

●検査結果を説明します。


●特別教育の適性決定を行うため、学校職員への照会をお願いしてください。

2.お子さんに特別な教育を受ける資格があると確定したら、お住まいの地区で選択可能な色々な教室の解説調べてみてください。


●いろいろな教室を訪れ、その先生方から直接話を聞いてください。

●特定の適切な支援を図ってもらうことが可能か、もしくはその気持ちがあるかということを学びましょう。尋ねてください。


 

さらに、『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』では、お子さんには特別な資格がないと判断された場合もありますよね。


地区のコーディネーターに予約をとるようにも勧めています。また、財政的に許される場合には私立学校も選択肢に入れて検討することを勧めています。


 (T_T)
  
















ほか、関連サイト  


感性コミュニケーション