気持ちに正直に生きる

 

発達障害の子どもたちを<わかる>世界に導きます

細井晴代です。

 

実は、子どもたちを導くときに(子育てするとき)

とっても大事なのは

親が生き方を見せることなのです。

 

必然的に、親の考え方や価値観を

子どもは無意識のうちに導入していくので

親が素敵に生きることって大事なのです。

 

だから、自信をもって

自分もOK.相手もOKな状態に自分を導きましょう!

 

どうするかというと、簡単。

 

自分の湧いてきた気持ち

自分が感じた気持ちを

否定しないで受け止めること。

 

「ああ、私は今、こんな気持ちなんだな」

 

これを十分に感じてあげること。

 

感じるだけで、世界は変わります。

自分を大事にできていきます。

 

心の傷が深い場合、

気持ちを封印している場合があるから

少しずつでも感じようって、感じていいんだよって

自分に言ってあげて。

 

感じることを許可してあげましょう。

 

あなたの成長を応援しています♡

 

発達支援教室クローバー