初鹿明博オフィシャルブログ Powered by Ameba

初鹿明博オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

小池都知事、朝鮮人虐殺犠牲者への追悼文送らず

虐殺が行われた事実を風化させてはいけない

 

 9月1日は関東大震災が発生した防災の日だということはご承知の通りです。

 毎年、この日に関東大震災で犠牲になった方々を慰霊するために墨田区の都立横網公園内にある東京都慰霊堂で慰霊祭が行われています。また、慰霊堂の横にある関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑の前では関東大震災の時に発生した朝鮮人虐殺の犠牲者を慰霊する式典が行われて来ました。

 今年、この朝鮮人犠牲者の追悼式典が注目を集めることになりました。というのも、既に報道でご存知の方も多いと思いますが、小池百合子東京都知事がこの式典に毎年送っていた都知事としての追悼文を送付しないことを決めたからです。

 その理由として、都の担当課は都知事としての追悼文は東京都慰霊堂で行う式典に送っており、「知事は朝鮮人も含め全ての犠牲者に追悼の意を表しているので、個別の慰霊式への追悼文送付は見合わせることにした」と説明しています。

 都知事自身が判断したことなのかどうか分かりませんが、私はこの判断は非常に危ういと感じました。

まず、慰霊堂の式典は基本的に関東大震災という自然災害による犠牲者を慰霊するものであり、横で行われている虐殺という人の手によって命を落とした方々を慰霊する式典とは明らかに性格を異にしています。

 仮に関東大震災の犠牲者の中に虐殺での犠牲者も含んでいるのだとしても、虐殺による犠牲者に特化した慰霊式典を行うことは事件を風化させず、後世に引き継いでいく意味で非常に意味があることだと思います。

 そこに都知事として差別や偏見に基づくジェノサイドを二度と起こさない決意を述べる追悼文を送ることは重要なことです。

 海外で宗教や民族の違いで迫害や虐殺などが行われているというニュースを目にすると、なんて酷いことをするのかという気持ちになる国民が大半だと思います。そして、宗教や民族の違いで殺されることの無い平和な日本に生まれて良かったと思うのでは無いでしょうか。

 しかし、我が国でも100年も経っていない近い過去に、民族の違いで4桁に登る人を集団で嬲り殺す虐殺が行われているのです。他国のことを言えるのかと疑問に思う段階なのです。だから、この事実から目を背けてはいけないとわたしは感じています。

 そう考えると今回の小池都知事の判断は、事実から目を背け、虐殺という後ろめたい過去を無かったことにしようとしているかの印象を与える、非常に不適切な判断であったと残念な気持ちでいます。

 今回、追悼文を送付しないことになったきっかけは、今年3月の都議会で自民党の議員からこの式典の主催団体が公表している犠牲者数が6千人と過大だとして「追悼の辞の発信を再考すべきだ」と質問されたことによります。

 犠牲者数には諸説あり、大震災の混乱時のことでもあり、正確な数が把握されていませんが、虐殺があった事実は変わりません。数が過大すぎるという批判は論点のすり替えであって本質的な問題では無いと考えます。

 そもそも、関東大震災の際に多くの朝鮮人が虐殺されていたという事実を知らない方が多いのだと思います。

 残念ながら歴史の授業でも取り上げられることが少なく(そもそも近現代史まで辿り着かない場合がある)取り上げたとしてもさらっと流されてしまっていて、印象に残ることがないのだと思います。

 何故、このような虐殺が発生したかというと、大震災の混乱の際に、朝鮮人が井戸に毒を入れて廻っているとか、朝鮮人が暴動を起こしているという等のデマが流れ、それに対抗するため自警団が結成され、朝鮮人を見るとやられる前にやってしまえという論理で虐殺が始まり、広がっていってしまったのです。

 朝鮮人か日本人か見かけで直ちに分かるものではないので、朝鮮人が発音しにくい「15円50銭」と言わせて正確に発音出来ない人を殺していたそうです。

 そのため、日本人も100人以上が間違って殺害されたと言われています。関東大震災の混乱時には朝鮮人虐殺以外にも亀戸警察署が組織ぐるみで社会主義者を殺害した亀戸事件や甘粕大尉が無政府主義者の大杉栄と内縁の妻、伊藤野枝らを殺害し井戸に捨てた甘粕事件も発生するなど官憲も加害者になる事件まで発生したのです。

 このような負の歴史を後世に二度と繰り返してはならない教訓として語り継いでいくことが必要であり、このような負の歴史を教えることが自虐的だと批判するようでは国家の進歩も発展も無いと考えます。

残念ながら今の日本には過去、我が国が行った誤った行為を無かったことにしようとする、歴史修正主義が蔓延ってしまっています。

 私は、人は過ちを犯すもので、その過ちに向かい合い反省することなくして進歩はないと思っています。それは国家も同じです。

 過去の過ちを認めず、反省もせずに無かったことにしようする姿勢からは進歩は望めないと思います。

 以上のことから、今回の小池都知事の判断には大きな疑問を持っています。

 最大会派になった都民ファーストの都議会議員の皆さんには単に知事の言いなりになるのではなく、知事に対して苦言も言える議員になってもらいたいものです。

 都民ファーストの都議会議員さん達はこの判断について是なのか否なのか聞いてみたいものです。

 

民進党、新代表に前原氏選出

 9月1日、蓮舫前代表の辞任に伴って民進党の代表選挙が行われ、新しい代表に前原誠司氏が選出されました。

 前原氏はすべての人がすべての人のためにという「All For All」という理念を掲げ、すべての人の不安を安心に変える、尊厳ある社会保障制度の充実を訴えて来ました。これからは、ラグビーの「One For All」の精神で党運営に当たっていくと述べています。

 いずれにしても、野党第一党の民進党がしっかりしないと安倍一強体制を崩すことは出来ません。

 離党者が今後も出るのでは無いかと言われておりますが、ここは一致団結して国民の信頼に応える政党に民進党を生まれ変えらせねばならないと感じています。

 私もそのための努力を惜しみなくしていく決意でいます。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

初鹿明博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース