Banbi通信 VOL.298 | 初鹿明博オフィシャルブログ Powered by Ameba

初鹿明博オフィシャルブログ Powered by Ameba

初鹿明博オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:
野党4党の統一候補へ
民進党都連、鳥越俊太郎氏に出馬要請

 舛添要一前知事が辞職したことにより14日から始まる都知事選挙が告示されますが、自民側の分裂ばかりが報じられ、民進党はじめ野党が誰を擁立するのか、都知事選挙でも野党共闘が実現するのかと気になっていたのではないかと思います。
 参院選の最中に都知事選の話題でニュースやワイドショーが占領されてしまうと重要な参院選挙の報道量が減り、有権者の皆様が投票する上での判断材料が少なくなってしまう、その結果、参院選への関心が高まらなくなることを懸念して、参院選が終わるまで待つことになってしまいました。
 既に昨日のテレビでも報じられている通り、昨日、民進党東京都連から、元経産官僚で、テレビ等で行政改革や税金の無駄遣い、脱原発を辛口コメントで語っていた古賀しげあき氏に出馬要請いたしました。
 また、併せて、社民、生活、共産に対して、古賀しげあき氏を野党4党の統一候補とするように要請しました。
 先日、野党統一候補が出ないといけないと市民団体からの要請を受けて俳優の石田純一さんが出馬会見しましたが、昨日、準備不足ということで、出馬を取りやめました。
 石田氏は出馬表明後、プロダクションやCM等のスポンサー企業から相当の批判を受けたようで、そのことも出馬取りやめの原因のひとつですが、古賀しげあきさんの出馬のニュースあり、古賀さんが野党の統一候補になるのなら、行政経験もある古賀さんの方が即戦力として働けると判断して撤退する判断をしたものと考えます。
 このような動きがある中で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が出馬の意向を示し、岡田代表が面会し、鳥越氏の意思を確認。
 古賀氏とも協議をして、鳥越氏を民進党として擁立する方向で調整に入ることを今日の未明に決定しました。
 今後は、他の野党、共産、社民、生活、そして、既に出馬表明した宇都宮氏との調整を図り、野党統一候補となるよう協議をしていくことになります。
 このタイミングでの決定ですので、公営掲示板のポスターも告示日には確実に間に合いません。それでも、野党が統一候補を立てられることが出来れば、大きな意義のあることだと感じます。
 さて、小池百合子元環境大臣が早々に出馬表明しましたが、自民党都連から猛反発を受け、特別区長会や市長の有志などからも出馬要請を受けた増田寛也元総務大臣に自民と公明は推薦を出す模様で、分裂選挙確実になりました。
 小池氏は自民にいじわるされた可哀そうな女性を演じている訳ではないでしょうが、日本人の判官びいきなところに訴えかけようとしているように感じます。
 このようなパフォーマンスに騙されないようにして、どのような主張をしているのか、今度こそ、政治と金の問題のないクリーンな人物なのかを精査して判断していただきたいと感じます。
 また、増田氏は総務大臣時代、都市と地方の財政格差を是正するために、東京など財政力の強い自治体から、地方税である「法人事業税」「法人住民税」を一定割合、国が召し上げて、財政力の弱い地方に配分する仕組みを作り、東京都はじめ本来入るべき税収を召し上げられることに猛反発するということがありました。
 確かに都市と地方の地方税収の偏在は大きく、財政力の弱い地域の財政基盤をどのように整えていくかは課題ですが、地方税である税収を国が強制的に召し上げるような地方分権を否定する制度はいかがなものかと思います。
 私は民主党政権の当時からこの問題を税制改正の議論の度に取り上げ、問題だと是正を求めて参りましたが、都市部出身の議員は数が少なく、配分してもらえる議員の方が多い中では私の主張は通りませんでした。
 さて、増田氏はこのような東京都が猛反発し毎年のように是正を求めてきた政策を導入した人物です。都知事に就任したら東京都の立場を主張するのか、今までの主張、考え方を貫いて、東京都が損することでも是認するのか、どうするのか楽しみです。
 今回の都知事選挙は2代続いて政治と金の問題で辞任しての選挙ですから、まずは、お金にクリーンな人でならないと思います。
 さらに、公用車で湯河原の別荘に行っていたり、豪華な海外視察を繰り返したり、自分の趣味の美術展巡りを視察と称して公務として行なっていたりと、税金の使い方に非難が集まったことも舛添知事辞任の原因でした。
 このことを考えると、税金の使い方に厳しい目の持ち主が新しい知事には相応しいと思いませんか?
 私は現在名前が挙がっている方々の中では、行革を専門として来た古賀しげあきさんこそ、新しい知事に相応しいと考えていました。
 是非、鳥越俊太郎氏には古賀氏の政策も取り入れていただき、都政のムダ遣いの削減や行政改革に努めていただきたいと思います。
 また、貧困問題で旧知の仲である宇都宮氏の脱貧困の政策も格差が拡大している東京都の大きなテーマであると考えますので、是非、宇都宮氏の政策も取り入れて、野党側の勢力と知恵の結集を図っていただきたいと思います。
 是非とも、野党統一候補として都知事選挙に出馬して頂きたい、本日中の決定を期待します

【参考】参議院選挙 東京選挙区 江戸川区内の得票数
蓮舫 民進党 53,535票(当選)
竹谷としこ 公明党 49,693票(当選)
中川まさはる 自民党 41,742票(当選)
朝日けんたろう 自民党 29,046票(当選)
山添拓 共産党 26,475票(当選)
田中康夫 お維新 19,868票(落選)
小川敏夫 民進党 15,768票(当選)
よこくめ勝仁 無所属 13,632票(落選)

初鹿明博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース