学校に行っていない君へ

テーマ:

学校に行かない。

 
君が君の心と相談をして。
やっと出した答え。
 
その答えを出すまでの道のりは
滑走路のように真っ直ぐではなく
きっとジェットコースターのようだったよね。
 
君の大切な場所。
君の落ち着く場所。
君のワクワクする場所。
 
そんな君の居場所を、「学校」というところに探しても、なかなか見つからない。
だけど、大人たちは君の居場所は「学校」にあると言う。
 
緊張して。
萎縮して。
皆からはみ出す事が怖くて。
頑張って頑張って身も心もすり減らしながら
どうにか「普通に」
どうにか「同じように」
 
毎日毎日頑張った君は。
へとへとに疲れてしまったんだよね。
 
あれ、おかしいな。
なんだか体が動かない。
あれ、おかしいな。
学校のことを考えると苦しくなる。
どうしてだろう。
なんでだろう。
 
自分はどうしちゃったのかな・・・・・・
 
ここで君は、自分の心の声を聞いたんだ。
「休みたい」という叫び声を。
そして君は。
その心の叫び声をしっかりと受け止めた。
 
だから。
「学校に行かない」という答えを出した。
 
そんな君のことを。
周りの大人はいろんな目で見るだろう。
 
子供は学校に行くべきだ!と思っている大人には
君はどう見えるだろう。
行きたくなければ、学校には行かなくていい!と思っている大人には
君はどう見えるだろう。
 
大人は大人の色眼鏡で君を見る。
 
でも。
君は君でしかない。
君は君のままでいい。
 
君が出した人生の決断は、君だけのものだから。
学校に行かないという選択肢を選ぶ勇気を持っている君は。
自分に正直に生きる勇気を持っている人だ。
 
その勇気があれば。
君はなんにでもなれるよ。
 
学校に行っていない君へ。
 
大丈夫。
君は素晴らしい人だ。
 
 
 
 

 

心理カウンセラー大森幸子の自己紹介
カウンセリングご案内の詳細
ご予約・お問い合わせは

こちらをクリックしてください