養分と偶数

テーマ:

「この画面が出れば偶数の可能性up」

「◯◯画面なら設定2以上濃厚!?」

パチスロのボーナス終了画面、ART終了画面で設定示唆をする機種が増えてきた。特に新基準に移行してから多くなった気がする。

しかしこれで「設定のヒントを教えてくれるなんて親切ジャン」などとほざくノー天気野郎にゃ、養分警報の三連パトランプがファンファンエマージェンシー。

「だからお前は養分なんだよ」以外に言葉がない。

メーカーの甘言など全ては養分を絡め殺すための戯れ言、いかに低設定を打たせるか考えぬかれた罠でしかない。


一般ユーザーにとっては有益な情報かも知れないが、真・養分に設定を示唆するなど刺激が強すぎる。我々の脳味噌のツルツルさを舐めてるのか、いい加減にしろ。ただでさえパッパラパーな立ち回りに下手な言い訳を与えられてはもうたまらない。

真・養分にとって「偶数とは設定6」なのだ。


そもそも真・養分は、どれだけ話しかけてもウンともスンとも言わない設定1とかいう無愛想女にひたすら貢いでいる変わり者であり、何の見返りも楽しみもなくても金だけはキッチリ払い続ける良いKAMOと言える。

理由はなんなのだろうか?これはもう「好きだから」以外にありはしないだろう。こんな荒んだ時代に心洗われるようなイノセント・ラブストーリーである。

そんな真・養分に台が突然

「アタシ~、なんか今日…偶数?…カモ」

などと言ったらどうなるだろうか。

もちろん真・養分もバカではない。いや、バカはバカだがひねくれたバカであり、表面上はそんなこと言っても設定2なんだろ?と努めて冷静であろうとする。

すでに9割方偶数と思ってる時点で1ミリたりとも冷静ではないのだが、そこは真・養分。台からのアプローチに対する免疫が無さ過ぎて、一押しだけで心中はメトロノームよりもグワングワンに揺れてしまうのだ。

職場で女性に話しかけられただけで「コイツ俺に気がある」と勘違いするのと一緒である。

だがいつもの設定1と大して変わらないじゃないか、ボーナスも全然引けないし、レア役の落ちも悪い、CZも軽くないし、直撃だって……偶数を示唆する画面と設定2以上濃厚な画面が出たから追ってみたが、3枚目の諭吉を投入する頃には流石に雲行きが怪しくなってくる。やっぱり低設定だな、と。

だが、養分を知っている者なら誰もが口を揃える。

――『真・養分はここからが強い』――


ここからが常人には理解できない真・養分の思考ルーチン、我々は愛されるよりも愛したい、つまり「疑うよりも信じたい」のだ。

低設定っぽいからヤメておこうという感情よりも、高設定の可能性がある以上ヤメづらいという感情の方が1億倍強いのだ。

どんなに展開が悪くてもどんなに低設定の数値に近づこうとも、「アタシ~偶数かも~?」のメッセージを振り切ることが出来ないのである。

このパーラーゼンイチに偶数設定などある訳がない、あったとしても2…でも2なんて低設定だし入れる意味なくね、ということはちょっと展開の悪い4…?いや、そんな半端な設定使う意味なくね、え…じゃあこれは6ぢゃないですか!?(ここまで0.01秒)

こんな単純な思考の生物がいるわけないだろうが、と思われるかも知れない。いや、いる。真・養分は君のホールにもきっといる。

いつもはヒキだけで勝てると思い込んで設定1に座ってるクセに相手が偶数だと分かるや否や、展開が悪いのは俺のヒキのせいであり、グラフを見て「やれてない時の高設定のグラフだ」などと真顔で言い放ち、例え何万負けようと高設定を捨てるよりマシ、最後まで突っ張って死ぬなら本望だ、と不退転の決意まで抱いてしまうのである。

なぜ偶数を示唆するだけでこうまで自己犠牲的になれるのか。見返りを求めぬ真実の愛。まさに現代の岩清水弘、「君の為なら死ねる」である。


もちろん君の為なら死ねるとは言っても、打ってるのは低設定なので普通に死ぬし、「為になってる」のは店の方である。

残念ながら養分の一人相撲にハッピーエンドもバッドエンドもない。ただ「当然の結果」というトゥルーエンディングに辿り着くだけだ。真実とは何故かくも残酷なのだろうか。



こんな時に気の利いたセリフ一つ言えない自分がもどかしいけど、「だからお前は養分なんだよ」以外に言葉がない。



(おわり)













AD