汗による肌荒れ・かゆみ

テーマ:

こんにちわ。梅雨も明け暑い夏がやってきましたが皆様お元気にお過ごしでしょうか?

 

先日は水害の影響で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

沢山の自衛隊の方、ボランティアの方が水害に遭われた方のところへ片付けなどへ

 

行かれるニュースをみると、人の温かみを感じる日々です。

 

1日でも早く、復旧して、気持ちが落ち着けるようになれますように。

 

私もできること、目の前のこと、(来店されるお客様などに対して)を一生懸命やりたいと思います。

 

 

さて、最近猛暑太陽が続く中、お客様のご相談で多いのが肌の悩み、

 

汗をたくさんあせるかかれるので、皮膚に痒みや炎症を伴う相談をお聞きします。

 

夏の皮膚は紫外線を浴び、汗をかき、肌がべたついたり、してシャワーをあびたくなりますね。

 

かとおもいきや、エアコンによる肌の乾燥も・・・

 

肌にとっては悲鳴を上げたくなる時期です。叫び

 

 

一度に大量に汗をかくことによって汗の出口である汗口がふさがり、肌内部で炎症を起こす

 

「あせも」

 

・・・あせもの原因は「汗の詰まり」で全身のどこにでもできやすく、爪などでかき壊したり、

  汗をかかないようにしていればすぐに治ります。

 

 

そして汗に含まれるアンモニアが弱った肌を刺激しておこる炎症でピリピリ・チクチクと感じることがある、これが汗によるかぶれ、「汗あれ」の状態です。


「汗あれ」は、顔・額・首・ひじ・ひざの内側、衣類やおむつなどで覆われてこすれる部分に起こりやすく、お子様から大人まで誰もがなりうる肌トラブルのひとつです。

 

汗あれの原因は 皮膚バリアの低下によるものです。

エアコンによる肌の乾燥、汗をかいた後に洗浄力の強いボディシャンプーや、

肌をこすりすぎで最低限必要な皮脂を奪いすぎてしまったための肌のバリア低下により

皮膚の角質層の隙間からアンモニア成分が肌に刺激を与えてしまいます。

 

肌荒れを防ぐためには、

①汗をかいたときはこまめにふき取る、

 

②汗をかいてこまめにシャワーを浴びたい時は夜だけ低刺激のボディーソープやボディタオ 

 ルを使い、入浴後は保湿を心がけることをおすすめします。

 

③外に出かける時は日焼け止めを塗り、日傘、帽子などで肌を日光に当てすぎず、

 通気性の良い服を着たりTシャツ、硬い素材の服はひかえましょう。

 

④皮膚の痒みは、掻き壊さずに冷やしたり、抗ヒスタミン剤、ステロイド剤を

 塗って対処しましょう。

 

⑤室内にいるときは、エアコンは乾燥してしまうので、自宅などは必要に応じ、加湿器を

 取り入れることもお勧めします。

 

汗をふき取り、皮膚の不要な角質をとり、炎症を防ぐふき取り化粧水乙女のトキメキ

ミュールセラムローション 150ml 1,296円

                 500ml 2,808円

皮膚の痒みを押さえながら、皮膚を強くするカルシウム、ビタミンなども配合した

タウロミン 220錠 3,024円~

 

などの内服薬、塗り薬、

手軽に使える化粧水、ジェルなど取り揃えております。

 

ご相談はお気軽にどうぞ音譜

 

AD