阿智神社[倉敷市] | はちっち☆彡の気まぐれぶろぐ

はちっち☆彡の気まぐれぶろぐ

気まま気まぐれに綴っています!(Ameba Blog)

阿智神社は神功皇后が三韓征伐の途中、航路を見失い宗像三女神に安全航路の祈願したとき、三振りの剣が雷鳴と共に天空から明るく輝いてこの地(鶴形山)の降立たことから応神天皇の御代が妙剣宮と称してこれを祀ったのが始りといわれる。

 

創設1700年以上の古社

 

南参道一の鳥居

 

西参道一の鳥居

 

西参道

禁門鳥居

水盤

表参道

手水舎

石段

狛犬

隨神門

(隨神門のうさぎ?)

 

拝殿

御祭神:宗像三女神

    多紀理毘売命・多岐都比売命・市寸嶋比売命

    航海の安全を見守る神様

 

本殿

 

天津磐境

神様が巨岩・奇岩に降臨すると信じられていた証

境内には他にも沢山の磐座・磐境があり日本最古の神社庭園の遺構らしい

 

 

 

絵馬殿

倉敷美観地区を望む

 

高燈籠

港を出入りする船の目印

 

能舞台

見にくいけど松の絵が描かれています

 

祈祷殿

 

境内社

 

東方遂拝所

 

ちなみに阿智とは日本書紀にも登場する渡来人の阿知使主・子の都加使主の一族がこの地に住みついたことから地名になっていたらしい

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 赤柴犬へ にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ