SRPG製作雑記:2 | 医学と遊びと製作と-本館-

医学と遊びと製作と-本館-

医学を学びつつ、ゲームを作ったり
愚痴とか感想を言ったり、そんな感じ


テーマ:

 

とある地域のマップ。

港に着いた一行が現地民と一戦交えるというただそれだけのマップ。

 

マップ作成にあたり、描く舞台によってマップの"規模"を変えています。

本マップでは1つの街が舞台なのでこれくらいの小規模を描いたマップにしていて、家や煙突からの演出を強めたり、街灯などを付け加えたりしています。

その一方で、この前の記事であげた砂漠マップは砂漠帯を縦断する設定のマップのため、広く地域を描いたマップにしています

キャラドットもそれに合わせて変えて...とかやっているとキリがなく、その辺が妥協ポイントになってしまうのですが、マッピングには凝っていくという方針は変わっていません。

この他、城などは勿論、(現在作成中だけど)船・海路マップ、とある地域での平野で勃発する戦争マップなどを検討していたりします

 

しかし、ツクールはいいツールだったなぁと改めて思い知りました。

演出面も、使用可能な素材の多さも、やはり何だかんだで使いやすいですね。

まだSRPGstudioになれていないというのもあるのですが、色々な面で難しい!と思いながら試行錯誤しています。

 

というわけで本日の作業報告でした。

それでは、また

Med.y.mさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス