1年前の過去記事 再更新ですキラキラ


------------------------
 
やりたいことが分からない!のはなぜ?
今日は簡単に図解です。
 
 
まず、この図のように椅子が並んでいるとします。
 
 
{8F33510C-CF62-4601-88D1-70DED6171727}
 
 
この椅子の数は人それぞれ違います。
いわゆる、キャパシティ的なものだと思って下さい。

 
そして、私たちの中には
2種類の奴がこの椅子に座ります。
 
 
やるべき君と
やりたい君に
 
わけてみます。
 

 

{5D7B306D-D54B-41F1-BFB9-C6064CF37067}

 

 
 
やるべき君は、やるべきなこと。
やらないといけないこと。
やっといたほうがいいこと、などをいつも考えています。
 
 
やりたい君は、ただやりたいことを
いつも考えています。
 
 
さて、この椅子が
{9D4EAFC7-7571-40DA-818C-96EFCE4A5B59}

もしこのような感じだったら、、、?
 

 

{4B837279-731C-4B08-82AE-C415AE49159A}

 

 
 
大変です!
やりたい君の椅子がありません!!
 
 
 
実は、やりたいことがない人は
ないのではなくて、
 
やるべき君に心の椅子を占領されてしまっているのです。
 
 
さらにやっかいなのが…
{77D755BA-A726-4060-8E92-5785DBEB867E}

 

 
んあああ"あー!
 
やるべき君が優先案内されてるー!
 
しかもプレムアム会員だと!!
 
ものすごく、大切にされてて
重要顧客的な扱いをされとるがな!!!
 
 

そうなんです。
 
 
やりたいことがない、または分からないと思う人は、ついついやるべきことを優先案内してしまっています。
 
さらに言うなら、やるべきことは誰にでもあるのですが、人よりも多くのやるべき君を抱えています。
 
 
だから、優先案内してもしても席はやるべき君で埋まる。
 
席が空いても、まだやるべき君がたくさん待っている。
 
 
いつまでたっても、座れないやりたい君。
 
 
{59E81A14-152B-43B5-B681-6050CC548093}
 
ということで、相談してみましょう。
 
{618A89D2-5593-4784-923A-A99A27B1C049}
 
椅子の数には限りがあります。
 
人にはそれぞれのキャパシティや体力があります。また、集中力も人それぞれです。
 
だからこそ、自分のことをよく知り、
今の自分をあるがままによく観察した上で、
 
 
やるべきことと
やりたいことの
調整をしなければなりません。
 
椅子の配分をするのです。
 
 
 
 
また、やるべきことに対して寛容になり、
本当にやるべきことと、
そうでないただの勘違いヤローのやるべき君とに分けることができると
 
 
やるべき君は寛大になります。
 
そして、やりたい君に席を譲ってくれるようになります。
 
{C7F1E050-F611-4EAC-8B38-86F43B481F59}
 
 
 
そうすると、自分の中に
やるべきこととやりたいことのバランスが取れてくるのです。
 
 
または、このような感じで
 

 

{61CEFE22-4F7B-4798-862E-B03A98174BBF}

 

 
 
今度はやるべき君ではなく
やりたい君をプレムアム会員にする。
 
 
重宝する。
大切にする。
意識してみる。
特別扱いしてみる。
 
 
 
 
そうすると、今度はやりたい君が
優先案内されるようになります。
 
 
で、こうなりますね。
 

 

{B13B2705-F81F-4F76-B99C-7013A08A9718}

 

 
 
ただ、椅子を一つ空けておいて
その席はやるべき君に座ってもらう。
 
 
例えば、私は今新幹線の中でこの記事を書いているのですが、
 
移動するのに
切符を買うのだって
駅まで来るのだって、
 
やりたいことではなく
やるべきこと。
 
 
自分の中に、やるべき君が座る椅子がないと
それはそれで生きていくのが大変です。
 
アマゾンの野生動物みたいになります。笑
 
 
だからバランスが大事ね。
 
 
{22922E2A-59B7-4AF4-B14C-39956F518181}
 
 
 
 
 
 
やりたいことがなくて
分からなくて、困った!時は
 
 
さっさとやるべきことを整理して
さっさとやってしまうのがコツ。
 
 
で、増やさないのが大事。
やるべき君は、結構ダミーが多くて
 
本当はやらなくていいことなのに
勝手にそう思っていることが
 
やるべき君を増やし続けてしまうのです。

 
------

 
余談ですが、
椅子の数は増えたり減ったりします。
 
 
元気な時は増えます。
疲れている時や
眠い時、
お腹が空いてる時や、
ストレス過剰な時は
椅子が減ります。
 
 
そういう感じでした。
とびだすうさぎ1