2年前の過去記事!


------------------------


普通に過ごしていても、
忘れているだけでわたしたちには
色んな想いが眠っています。



何かの刺激によってそれがドバッと出てくることもあれば、ゆっくりゆっくり自然と出てくることもある。



認識していないだけで、

いろいろなネガティブな想いも
後悔も、罪悪感も、、、




そういうのは普通に生きていれば当たり前に眠っているし、かといってそれを全て無くす必要など、ありません。




「ネガティブなものが潜在意識にあるから」
だから、それが現実化するんだよ、、、





と言われることもありますが、

これは適切な表現ではない、
といつも思っています。


まちがってもないけど、

ちょっと(いや、ぜんぜん)

ちがう!!って感じ。



なぜなら、

わたしたちは、どんな想いや感情さえも
それを変えることができる自由な意思
を持っているからです。








例えば、誰かを恨んでいたとしましょう。



そこで、二つのパターンにわけて考えてみます。


1、恨んでいることを否定したまま恨み続ける場合


2、恨んでいることそのものに感謝しながら恨み続ける場合



大きく分けてこのふたつ。



「恨む」という行為は同じであれ、その行為がもたらす結果は全く違うものとなります。



「怒り」で考えてみましょうか。


1、怒っていることを否定したまま怒り続ける場合

2、怒っていることに感謝しながら怒り続ける場合


この二つでも
「怒り」を抱えている点では同じことかもしれませんが、それによってもたらされる結果はずいぶんとちがってきます。






ちなみに、私の中には
ずっと忘れられない「怒り」があります。



その対象に対して思い出がよみがえってくると、
「怒り」の感情が湧き、そしてその怒りによって
相手のことがとにかく憎たらしくなります(笑





今から家燃やしたろか真顔

とか思うくらいです。笑






でも。


わたしは「怒っていること」に、感謝もしているのです。


なぜなら、その対象に対して怒りを覚えるほど、



・そのとき真剣だったわたし


がいるし、


・そのとき、深い愛情も同時に持っていた

こともわかるし、


そして、その怒りによって

「今」のわたしの幸せも、際立って感じられるから、

(ここ大事!)


でもあるのです。




だから、

怒りは怒りのまま、ほうっておく。


『いや~家燃やしたいとか怒ってられる今って平和やわ~』

(ん?)



怒りが残っていること、
恨みが残っていること、


そもそもそれを「問題視」しない。


そういうことなのです。







話は変わりますが、
オーガニックや有機野菜、というものは
とてもピュアですよね。


手がかけられ、その分純粋なエネルギーを持っていますが、欠点も多くあります。


(いや、これは完全にネタですが・・・)




形がいびつだったり。
貴重なため値段が高かったり。
腐り易かったり。
いろいろと欠点はあるわけです。


でも、それこそが「オーガニック」

つまり、「純粋」な状態。




わたしたち人間だってそう。

オーガニック
なのです。



欠点があって、
足りないところがあって、
できないことがあって、
ネガティブなものがあって

それでこそ、有機的。




だから

自分の潜在意識にある秘められたネガティブ(だと思われる)
全ての感情、思い出、気持ち、過去



ぜんぶぜーんぶ、

いびつな形をしたオーガニック野菜の欠点の一部だと思ってみましょう。



そうすれば、
別にどんなものを持っていたって
どうってことない、ということがわかります。




たしか昔、ある講座のときに
みんなで「誰はどんな野菜か」という話を言い合いっこしてて、



◎◎さんは大根だね~
◎◎くんはかぼちゃっぽいね~

なんて話をしていたとき、






「はたゆかさんは~」という話になって


『土がついた有機野菜!』
ドーン!

と言われたことがあります。




種類じゃなくて、有機野菜ってカテゴリーかよ!

と思いましたが。笑


ええ、普通に褒め言葉として
いただいておきました。









不足そのものを含めてその形である、


と受け入れたとき。


はじめてそのいびつな形の良さが見えます。
それを必要とする人の気持ちがわかります。
そのものが愛らしくなるのです。



わたしたちは
ボコボコの
人それぞれ全く違った
欠点と穴だらけの人間。





その純粋な様を、
わたしたちのネガティブ(だと捉えるすべて)は
象徴してくれているのです。



かわいいですよね~とっても。
ボコボコしているんですもの。



それをあるがままの自分だ、
というのではないでしょうか。



——

かつて、

完璧な形ではないからといって捨てた自分がいます。



それは、農薬などでつくられた人工的な
「きれいな野菜」を目指し、
自分のぼこぼこな形をなかったことにした、ということ。


(これは農薬野菜を否定しているわけではないのであしからず。)



それを取り戻し、
自分の欠点そのものを含んだ「形全体」を受け入れ、かつ、その上で調理をする。



ほんとうの意味であるがままを愛せたとき、
わたしたちはもっと進化したくなります。



その進化、
そのものが「野菜の調理」なわけで。



「自分を変えようとすること」を
自分の欠点を無視しようとすることと、
履き違えない
ことが、とても大切なんです。





ビバ!
有機野菜!
デレデレ



リブログ(5)

リブログ一覧を見る

コメント(2)