併願優遇…

テーマ:
受験真っただ中ですが。

娘が、内申が9教科も3教科も満たしていたけど
5教科だけ1点だけ足りなくて
ある高校の併願優遇制度を受けられず
1つさげて他の学校の併願優遇制度にしたんだけど。

結局、併願優遇っていって
その1点足りなかった学校は
普通に一般試験を受けてから
「プラス30点」という優遇で
確定するんだけど。

過去問題見たら結構都立の問題とは傾向違って難しくて
都立の勉強しかしていないと
意外とその30点あっても
厳しい可能性もあり。

ここは、一つ下げた併願優遇に結果なって
石橋をたたいて渡るタイプの娘には
よかったような。

とりあえず私立は終わったので
あとは都立に集中ですね。

まあ、高校受験の複雑で長いこと。

中学受験の時は
塾の先生がいろいろ指導してくれたけど
高校受験は
たっくさんある
都立や私立から
自分で選んで組み合わせて
受験していくから
本当に大変だわ。

私立も面接ある学校、
第一志望の人のみある学校
それによって弁当必要な学校ない学校…。
英語もリスニングあったりなかったり。

まあ、田舎の県立高校出身の私には
びっくりぽんや。
AD

なーべー

テーマ:


長男は関西私大の試験がきのうで一段落で
東京はまったく受けないので
今日は中休みだったようです。

あとは国立の二次まで
ひたすら勉強ですね。

東京の高校受験事情で言うと、
併願優遇なる制度により
都立がだめでも
内申書的に受け入れてくれる学校が決まっているのですが
娘ちゃんはどうしても都立に行きたいそうなので
ここからが正念場ですが
今週は水木が私立高校の一般入試です。
それが終わると
月末の都立試験までひたすら勉強です。

楽天的な兄と
最悪の事態を常に想定する妹。
まあ、同じ受験生ですが
恐ろしく対照的です。

まあ、どちらも3月頭まで決まらないので
なんか、母はそうじばかりしています。

日曜日はなべです。

iPhoneから送信
AD

夏休み

テーマ:


受験生二人をおいて
ちびと二人でマキで夏休みを謳歌しました。

実質二日間
流れるプールで流されてました。

来年はちびが受験…。

まだまだやで~。

iPhoneから送信
AD

子どもの成長と夏休み

テーマ:
どこのお宅でもそうでしょうが
東京で子供1人1部屋なんて無理なわけで。

夏休みで、
さらに野球を引退した兄が単身赴任から帰った父のように家にいて。

シャワーも、テレビもなにもかもがかぶり。

トイレは二つあってよかった…。

姉のストレスもピークで。

ああなつやすみ。

しんどいね。

チャーハン餃子ライス。

テーマ:

反抗期で、アネとの闘いもあり、かなり荒れているチビ。
初心に返り、可能なワガママは受け入れ、
なるべく二人で過ごす時間を作ろうと思います。

ただし姉にばれないように…。

まずは、大好きなチャーハンを2人で食べに。

母はワンタンメン。

ちびはこれ以外にぎょうざ1皿と白いごはんを大盛りをがっつり食べました。

150センチ近い10歳。
食うわ~。

そしたら、母と二人で仲良く塾の勉強もしてくれました。
がんばるぞ~。母~。


iPhoneから送信FullSizeRender.jpg

兄弟

テーマ:
兄はきのう風邪が悪化し、
ついに休みました。

っつーか、予選、修学旅行、都大会、試験…
等々続き、風邪ぎみでも
休むこともできず。
キャッチャーだから試合でのどが痛いのに叫び続け…。

治らんわ~。

で、仕事から帰ると
兄と弟仲良くテレビで野球やサッカー見てました。

ふう…。

兄、ありがとよ。

弟、がんばれよ。

10歳の反抗、その後

テーマ:



日曜日の夜に
「てめー、いい加減にしろよ!」
と7つ上のいつも優しい兄に初めて叱られた弟。

で、きのうの月曜日、帰ってからちびに

「お母さんに何か話すことはありますか」

というと

「きのうは、ごめんなさい」

と。

改めて3つの約束事をしました。

小学校の頃に父がいつも言っていたことと、
当時の校長先生の話で、
その後もいつも心に刻んでいる事です。

意外と4年生、5年生くらいに言われたことって
すごく大切に心に残っていたりする。

親には柔軟な対応力とともに、
絶対にぶれない軸が求められると思う。
おそらく父も私も、「論語」が好きなことも
こうした言葉の根底にあると思います。

うるさいと言われても、
(きれいな紙に書き直して)壁に貼り
これからも言い続けたいと思います。

かーちゃん負けへんで~。

教養とは、人を慮るココロである。by養老孟司さん。


iPhoneから送信

ついに兄が!!

テーマ:
わがままな弟に
切れました。

ゆうべ。

私に反抗するちびに

「てめー、いーかげんにしろよ」

おお!さすが高2!迫力が違います。

一瞬ひるみながらも

「だっておかあさんが間違っている!」

とちび。そしたら父も

「おかあさんのどこが間違っているのかいってみなさい!」

兄が

「おかあさん、いいからあとはまかせて」

いやそうもいかんやろ…。

どうなる!!

あたりまえのことをあたりまえにやる。
約束は守る。
うそはつかない。
人を思いやる。

思い通りにならないと
かんしゃくをおこして、
上の4つは全く守れていない。

何かというと口答えするのが
ほとんど今は言い訳ばかりのちび。

どう修正していくんだ…???
私…。
甘やかしたつけだから、
自分のせいでもあり。

母、正念場です。