奄美大島で念願のクエを狙う。 | Team R-1

Team R-1

明石を拠点に、日本全国周ってる釣り倶楽部のブログです。
所属メンバーが勝手気ままに釣り関連の情報をUPしてます。


テーマ:

こんにちは、日増しに暑さが増す今日この頃
皆さんは如何、釣りライフをお過ごしでしょうか


いつものポチッをお願いします


おまけのポチッをお願いします


僕ら〝R-1ジギングチーム〟は奄美大島にドップリです。
それと言うのも、10㌔オーバーカンパチとガチンコ勝負して
さらにサイズアップと、何と言ってもコテンパンにやっつけられ
ている奄美の根魚『クエ』を釣り上げる大目標があるからです。


その『クエ』にもっとも熱意を注ぎ込んでるメンバーがいます
根魚ヒロシこと〝ヒロさん〟です、これまで根魚釣りにはメンバー
内でもダントツの実績がある中、何度もノサれてこられたので
アリゲーターを手に入れた今、クエに対する意気込みは半端あり
ません


今回は奄美でムロアジ呑ませで、とても有名な船長が操船する
『シーバード優和さん』にお世話になってきました
時期的にもクエは今が最盛期、今回こそ念願の『クエ』を釣れ
そうな雰囲気が漂います


前回までは港から離れた繁華街のホテルか、港と繁華街の中間の
ホテルに宿泊していたのですが、今回は港から数分でアクセス面は
抜群、『ホテル・コーラルパームスにチェックイン


奄美といえば、飛行機で到着した日も半日釣行する合計3連釣行。
ホテルに着くなり矢継ぎ早に釣り準備を整え、宇宿漁港へ向かいます。
今回のプランは、呑ませメインで状況みて遊べるようにジギングタックル
を2本だけ忍ばせてきました

 

 

 

 

 

 

船長に挨拶を済ませて、ポイントまで出航しますが港を出ると大時化で
四方八方から波が押し寄せて船中はまるでアトラクション状態。
この一番苦手な揺れにメンバー全員、少なからず船酔い状態です。
その為、ほとんど写真が撮れていません・・・無、無念


ムロアジのポイントに着いて船長とメンバーで2本サビキを垂らします。
船長に至っては、なんとサビキのムロアジ手釣りです
しかし、肝心のムロアジはご機嫌斜めで中々釣果につながりません。
呑ませ釣りの第一ハードルで早くもつまづく幸先不安な現状、さらに深ま
る胸中の気持ち悪さは船酔い完全体への秒読み段階

 


何とか最低限のムロアジを確保して夕刻の時合いに挑みますが全く反応
しない、呑ませは反応悪しとジグでも心みますが反応なし

 

そんな中、ボスYさんとM島さんはヒロさんは少ないチャンスをしっかり
ものにして釣果に持ち込みます、ここはさすがの一言


ボスYさんのセンネンダイ
(これでチーム2匹目、2000年分です
)

 

ヒロさんのカンパチ


ボスYさんのチビキ

上潮だけ動くものの底潮は全く動かず、典型的な撃沈状況の中、さすが
はジギングチームR-1何やかんやとボウズを回避していきます

 

初日半日だけの釣果
僕だけ初日からムロアジの生命反応すら味わえずにボウズ確定
でも今日の釣果をホテルに持ち帰り、ホテルの飲食店で晩ご飯の食材に
して頂く手筈を名幹事のヒロさんが手配済み
 

 

美味しい魚の奄美・刺身舟盛りカンパチのしゃぶしゃぶ

 

 


チビキの唐揚げチビキの煮付け
唐揚げはまるでフグの唐揚げのようで凄く旨し
 

 

 

 

朝まで大阪に居て昼には奄美で釣りをして、晩は自分達で釣った魚
を美味しく頂く。。。なんて素晴らしきかな釣りライフ

 

二日目は6時過ぎ出船、ホテルから近いのでホテル6時集合は疲弊
した体には優しいスタートです、しかし2日目も初日同様、いやそれ
以上に海は荒れています
肝心要のムロアジも初日同様に拾い釣りしながら最低確保に励みます。
しかし、初日もそうだったのですが、ムロアジが釣れるのは船長のサビキ
しか食ってこない、手釣り以外は同条件なのですが明らかに釣果は違う。

 

 


パラパラ釣れるムロアジを着実に積み重ね最低限のムロアジを確保
呑ませ釣りはムロアジが揃ってからが本番です
しかし呑ませの状況も初日と同様に活性は悪い、船長から

『反応は素晴らしく良いのに食って来ないなぁ


・・・の言葉通り、魚探の反応は盛り上がるような高反応だったにも関わら
ず、魚は全くヒットしない、バイトを知らせるムロアジが暴れることもなくた
だ時間だけが刻々と過ぎていく・・・
今日も四方八方の揺れが激しく、あの人の子ザッキーが初めて船酔いで
ダウン

 

 

途中からは反応は底ベッタリということで、底から10㍍付近まで徹底して
反応を探すもののムロアジ兵に変化なし
ムロアジのいる棚に捕食される魚がいると暴れ出して色々と海の情報を
教えてくれるのですが何の音沙汰もありません。
今回の潮は長潮で、あまり魚の活性は高くなさそうです
こういう場合は追いかけて捕食させるライブベイトより捕食しやすいデッド
ベイトの方が結果が出そうなのでデッドベイトに付け替えて底から10㍍付
近まで探ります


ここでやっとトモでやっていたボスYさんに待望のヒット
それもかなりデカそうなファイトです。オスとオスの緊迫したガチンコファイト
が繰り広げられます。闘いを制して上がってきたのは・・・

 

待望の20㎏カンパチ
 

【ロ ッド】剛樹スタンディングバイトMR16
【リール】アリゲーターバトル20
            (スタンディングソウル仕様)
【ライン】ウルトラダイニーマ10号
【リ-ダー】プレミアム万鮪50号
【ハリス】プレミアム万鮪50号
【フック】オーナーカット泳がせ28号

 

 

 

今回は生き餌でのヒットだったのですが、背中に皮一枚でフッキングしてる
スレ掛かり状態でした、パワー的には30㎏級のパワーはあったんではない
でしょうか僕は15㎏カンパチしか経験ありませんが想像もつかないです

その後は、ヒロさんも良型のセンネンダイと13㎏のカンパチ
を釣り上げて満面の笑顔をみせてくれます


でも本当に千年に一枚釣れると言われるタイなんでしょうか
ここ数ヶ月で3000年分の釣果があがっています

でも初日に続き、2日目もボウズが僕の周りをチラホラと彷徨き始める

 


船長『そろそろ最後の流しにしま~す


その時、20㎏カンパチを見事に釣り上げたボスYさんから、呑ませワンポイ
ントアドバイスを頂きます


『反応は底ベッタリやから、底取りしてから3㍍だけ
巻き上げて様子を伺ってこまめに底を取り直して底
から3㍍をキープした方が良いで



・・・と言うのもムロアジが自由に動き回れる範囲はハリスの長さの2.5㍍、
3㍍巻き上げても、下に向かって泳げば底ベッタリを攻められるという理由


早速、その戦法で生き餌を奄美の海に放り込む。。。
底を取ってから3㍍巻き上げて、様子を見ては繰り返し底を取る
なんか釣れそうなイメージが膨らんできます

すると、、、ブルルブルブルルブル
暴れ出すムロアジ、膨らむ期待とボウズ回避の最後のチャンス

グンよっしゃあ乗ったぁ

ボウズ一歩手前だった僕と最後の最後で復活してジギング中のザッキー
に嬉しい嬉しい貴重な一匹ボウズを面舵いっぱいで逃れました

 

 

2日目も現れないクエにやきもきしながら、最後の3日目に望みを繋げます

3日目は海を穏やかで一番、釣りが出来やすそうな高コンディション
3日間で初めて順調にムロアジ確保が進みます

 

 

 


十分なムロアジ確保ができてヒロさん、ザッキーもこの表情

 

 



最後の日は奄美とトカラの間のポイントまで足を伸ばして頂きます
あまり遠征はされないと聞いていたのですが、釣らせてあげようと船長も頑張って
頂いてるのがヒシヒシと感じられます

 

 

 

 

ポイントに近くなると見たことないほどの鳥山と遭遇
何かを捕食しているようで、高活性な雰囲気にメンバー全員がソワソワし出します



しかしこのポイントは170㍍から一気に120㍍まで駆け上がる超難関ポイント
いきなり、M島さんに大きなヒット厳しい状況の中3日間通して釣っておられ
ます、さすがはチームのエースはやってくれます


水面に赤いのが見えてくると
M島さん『またセンネンダイやぁんっ?ちょっとだけ形が違う

 

 

船長『これはエビスダイだね、センネンダイより美味しいで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チビキやカンパチが高活性でヒットするものの、さすがは超難関ポイント
凄い頻度で根掛かり、重りがロストして行きます。
M島さんもリーダーからブレイク、ジギングにシフトチェンジします

ここでジグをやり始めたM島さんにゴツイHIT
パワーリールのM島さんが苦悶の表情でブルーヘブンを巻いている

 

『これはデカイ

深まるクエへの期待もしくは大型カンパチでジギング記録更新か

上がってきたのはロウニンアジ、通称GTです

GTが顔を上がるちょっと前にデッドベイトで何度も根掛かりを繰り
返しながら果敢に攻め続けるヒロさんにも大きなHIT

ヒット当初は本気ファイトで根掛かりのような重量をロッドのパワーでリフトを
繰り返すでも本気ファイトは横で見ていても格好良いもんです


ヒロさん『船長、ラインが船底に擦ってるぅ

一際大きなヒロさんの声が上がります

右舷で釣ってたヒロさんと反対の左舷からM島さんの歓声があがる

『クエや、クエやぁっっっ

上がってきたのは念願の、念願の20㎏のクエ



【ロッド】スタンディングソウル160
【リール】アリゲーターバトル20W
      (カスタムペイント)
【ライン】ウルトラダイニーマ10号・450㍍
【リーダー】ダイナマキシマムクリスタル ナイロン60号
【ハリス】ヨツアミ FCウルトラアブソーバー アンフィニフロロ50号
【フック】オーナー・スーパークエ28号


今回の釣行のために仕掛けを調べ回って、一人一人にイラスト付きで
説明してくれたり、判らない事があれば釣り具屋に不安がなくなるまで
情報収集してくれたり、みんなの分までデッドベイトを捌いてくれたり、
人一倍、頑張ってたヒロさん、

 

 

 

釣りの神様って居てますねぇ

船長も『よくこの難しい潮の中、底を切れましたね
     大したもんです


・・・とお褒めの言葉、ここに数ヶ月掛かりのリベンジが実った瞬間でした
とうとう対面できたクエ、本当に間近でみるとかなりイカツイ
ヒロさんの満面の笑みをよく見ると口が血だらけ
本人は気付いてなかったようですがよっぽど力いっぱい食い縛ってファイト
していたのを物語る名誉の負傷

意気揚々と港に帰港しますが、メンバーは3日間の疲労で爆睡状態
本当に今回の釣行は疲れた釣行でしたが、だんだんと呑ませ釣りのコツ
が理解できてきたような気がします

 

 

 

ホテルに帰って、今日はセンネンダイの味噌鍋で祝勝会です
僕は刺身より鍋の方が美味しいかも
最後は雑炊まで食し満腹でもエエ出汁が出て旨ぁ~しっ

 

 

 

でも今回は最終日にドラマが待ってた、さすがは我がチームは持っています
それにしても、これで根魚ヒロシはやってくれました、あさ吉さんでのクエ鍋が凄く楽しみ
です、本当にヒロさんありがとうおめでとう



次回は今月末に石垣デプスで2日間釣行が決まっています
釣って楽しい、食べて美味しい、配って喜ばれるマグロでたんまり楽しんできます


ヒロさんの自慢ショットをもう一回


念願のクエ20㎏釣ったどぉーーーー
 

 

 

 

 

Team R-1さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス