1月17日 | 阪南市議会議員 畑中 譲 公式ブログ

阪南市議会議員 畑中 譲 公式ブログ

阪南市議会議員 畑中 譲 公式ブログ


テーマ:

阪神・淡路大震災の日に合わせ、平成30年度阪南市総合防災訓練が開催されました。

自主防災組織による救出・救護訓練

 

上空からの状況確認・情報伝達訓練

 

消防団による水防訓練

 

ガス管復旧訓練

 

水道管復旧訓練

 

陸上自衛隊による救出訓練

 

泉州南消防組合による救出訓練

 

議長あいさつ

 

近い将来、高い確率で発生が危惧されております南海トラフ巨大地震。

市民の皆さまの「安心・安全」のため、訓練が実施されました。

 

実動訓練として

・樋門、門扉閉鎖訓練

・避難所開設訓練

・自主防災組織による避難訓練

・消防団による土嚢作成及び積上工法訓練

・陸上自衛隊による救出訓練

・消防署による救出訓練

・ライフライン復旧訓練

展示訓練として

・各種の体験

・防災関係機関による展示等実施されました。

 

私自身、本議会や委員会でも防災訓練の実施を常々要望してまいりました。

本日の関係機関の訓練ならびに、災害対策本部との連携を目の当たりにし、大変心強く感じました。

 

市民の「生命・身体・財産」を守るためにも、このような総合防災訓練が何よりも大切でありますし、これからも創意工夫をしながら開催していかなければならないと更なる防災への意識が高まりました。

 

また、議長あいさつの中で災害時、交通網が麻痺した場合、現状の把握が何よりも人命救助につながることからドローンの早期活用が必要不可欠であると申し上げ、次回開催時の実動訓練として、ドローンの活用を要望させていただきました。

 

市民の皆さまを災害から守るためにも、先の大震災を「忘れてはなりませんし、絶対に風化させてはなりません」

 

 

 

 

畑中 譲さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ