西洋占星術 | 開運は自分を知ることから始まる 羽田一彦のブログ
2014-11-15 22:25:48

西洋占星術

テーマ:つれづれ
つい先日、西洋占星術で鑑定をされている”つぼぼ”さん、という名古屋にお住まいの方にお願いして鑑定をしていただきました。

自分が占いをやっているんだから、他の占い師に鑑定してもらう必要は無いだろうと思われるかもしれませんが、自分が使えない術に対する憧れのようなものもあり、ず~っと以前から西洋占星術には興味があり、ちょうどつぼぼさんが東京にいらっしゃる、ということで鑑定していただきました。

西洋占星術は、数冊は本を読みかじったのですが、ハウス、サイン、アスペクト、逆行、オーブなどなどの専門用語を理解するのに手間がかかり、結局投げ出してしまった過去があります。

が、つぼぼさんが書いてらっしゃるブログを読ませていただくと


おぉ! これはそういう解釈で読んでいけば良いんかい!

なるほどなるほど~!

「バブル運」とか「どん底運」、あるいは「スピリチュアル相」などという言葉で、実に分かりやすい分析をされていて、これはまさに目からウロコ(とはいえ、あまり分かって無いです、実際のところ)! と、どんどんと引き込まれてしまいました。


で、改めて西洋占星術に興味を持ち始めて、以前に購入していた本や、新しく購入した入門書なんぞを紐解いている今日このごろです。


そんな折り、今日の算命学の個人レッスンに来た生徒さんは、算命学と同時に西洋占星術を学んでいるので、彼の持っているPCの占星術ソフトで、私の生まれを、彼なりに分析してもらいました。

そうしたら、なんと!

ヨード、ヨッド、どっちが正しい発音なのか分かりませんが、このアスペクトが宿命(西洋占星術ではネイタルと言うそうです)にあると言われました。

彼も、まださほど良く分かるわけではないので、詳しくは分からないと言われたのですが、何かとても大きなカルマのようなものを抱えている宿命らしいです。

と言われると、妙に納得できる自分がいます。

私は代々続く商人の家に生まれながら、占いだの神道だのに若い頃から興味を持って、結局はこちらの道に進むことになってしまったのも、やはり何かのカルマが作用しているのではないかと思ってしまった次第です。

つぼぼさんのお陰で、西洋占星術がちょっと身近に感じることが出来たので、少しずつではありますが、占星術も学んでいきたいと思えました。



つぼぼさんのブログはこちら
つぼぼの星占い講座

羽田一彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス