新年に言葉の力、詩の力と向き合う、私のライフワークのような主催ライブ

「野獣のポケットには詩があった」。誰にも飼い慣らされぬ野獣の魂を持つ

シンガーソングライターが、ライブの最中、心のバイブルのような詩を披露します。

 

 第六回は、浦邉力さん、山崎怠雅さん、志万田さをりさんを迎え、

2022年1月15日、下井草・Billy's Bar GOLD STAR にて、開催します。

それぞれの心のポケットの詩は何なのか。

新年の歌声と共に、ぜひお聴きください!

 

※フライヤーは、2018年に出演し、即興劇のようにパンチを繰り出す

ステージを見せてくれた、高橋よしあきさんが作成してくれました。

よしあきさん、ありがとう!

 

 

●1月15日(土)下井草・Billy's Bar GOLD STAR
 

  蓮沼ラビィ主催ライブ
   第六回「野獣のポケットには詩があった」

   誰もが心にバイブルのような詩を持っている。
  野獣の心のポケットの詩を、あなたものぞいてみませんか?

  開場: 17時 開演: 17時半
  料金: 2000円+ドリンク
   出演: 蓮沼ラビィ、浦邉力、山崎怠雅、志万田さをり
 

   17:30~18:05 志万田さをり

   18:20~18:55 山崎怠雅

   19:10~19:45 浦邉力

   20:00~20:35 蓮沼ラビィ

 


 第六回「野獣のポケットには詩があった」イベントページ

 

 

~出演者紹介~

 志万田さをり (しまださおり)



 昭和レトロなブルースシンガー。
ヴィンテージギターで奏でるトラディショナル・ブルースの旋律に、

現代を生きる女達の悲哀を込めて。

- アコースティックユニット Blue Cheese ギターボーカル
- 昭和歌謡ガレージバンド PEACOCK BABIES ボーカル
- かわさきFM「Rock音!Monday」ラジオパーソナリティー隔週月曜日担当
 twitter @saworientality
 Instagram @saworientality


 山崎怠雅



 5月25日生まれの双子座。90年代半ばより音楽活動を開始。
2002年よりギター弾き語りを始める。2013年「フィクション」、2014年「モノリスと海」、

2015年「アンソロジー」(編集盤)を発表。
 2021年9月8日には曽我部恵一氏のリマスタリングによる「フィクション」の新装盤を発売。

現在は弾き語りソロと並行し、バラナンブ、The Silenceのベーシストとしても活動中。
https://www.taigayamazaki.com/


 浦邉力



 9時間30分で113曲歌うというギネス級のワンマンライブを成功させたロックンローラー。
ソロだけでなく、いくつもスタイルの違うユニットやバンドでも活動する。
最新のバンドはベース&ヴォーカルを務めるシン・チカラバンド。
そして国会を囲むロックフェスティバル「イットク フェス」の呼びかけ人。
 最近は「Storytellers」という物語を歌うシンガーソングライターを紹介するイベントを

不定期に行なう。映像の見える歌を描きあげる腕の良いストーリーテラーでもある。



 蓮沼ラビィ

 



 アフリカ帰りの任侠ブルース。アフリカ人と結婚してケニアに暮らし、離婚後、帰国。

2010年、初めてギターを握り、作詞作曲、ライブ活動開始。
社会性と物語性あふれる歌を書き、大地のような温もりとパワーで歌い続ける。
 

CD: 「劇中歌」「家でテレビを観ているよりも」「革命家の休暇」

Facebook:: 蓮沼ラビィ

 

 
 

~ライブ会場~

Billy's Bar GOLD STAR
東京都杉並区下井草3-41-6 B1F
TEL: 03-6913-6295

 


西武新宿線「下井草」駅南口から徒歩2分。
三井住友銀行先のセブンイレブン斜め向かいのビル地下1階。