自分を変えて 楽に、心地よく生きる!

自分を変えて 楽に、心地よく生きる!

感情のコントロール、思考の癖、行動パターンを意識して
自分とうまく付き合うコツをお伝えしています。

NEW !
テーマ:

覚悟をもって決めたら心地よく変わった

 

 

心穏やかに、心地よく過ごす生き方をさがすサポートをする  コーチ 成安蓮美です

 

 

ママ友達と話していたら

最近怒ってばっかりいて、まわりの人や物に当たりつけていると話していました。

 

私も以前は怒りんぼうママだったので、気持ちが分かります。

 

 

怒りんぼうママから、今の怒らないママになったことを今日は書いてみようと思います。

 

 

 

まずは怒りポイントから

 

怒りポイント1:

思い通りにいかない

時間、人の動き、段取り、すべてが計画通りにいかない 一日が思うように過ごせない 

 

怒りポイント2:

同じことを何度も言わせる(人:夫、子ども)

一度とは言わないが、数回で覚えてくれ

 

怒りポイント3:

自由がない(時間に拘束されている)

 

怒りポイント4:

労働量が多すぎる

 

怒りポイント5

疲れやすい身体

 

怒りポイント6

理解されない

 

書き始めて、昔の事とはいえ止められない自分をみつけました。

 

 

 

でですね

 

こんな怒りてんこ盛りの私は

今ではほとんど怒らなくなったのには理由があります。

 

 

 

まずは

自分以外の人は自由に動かせない と言うことを理解しました。

 

 

 

私にも意思があるように、相手にも意思があります。

「これはこうしてよ」 と言っても相手の考えのもとに動いていますから「こう」ならないときだってあるわけです。

 

と言うことを理解すると

ポイント1~2はクリアーできます。

 

 

そして、時間は1日ひとり24時間と決まっています。

寝て過ごすも怒って過ごすのも自由なわけです。

 

以前は怒って過ごしていましたが、今は寝て過ごしています。

ポイント3、4、5はクリアー

 

 

理解されないについては、いつも頑張っている私を分かってほしい、認めてほしい、

具体的に言えば手伝ってほしい

もっと言えば、夜中に起きる子どもの相手をしてほしい。

 

これについては、昼間働いている身ということで夫と私は対等なわけで

自分が夜は寝たいと思うのなら、相手も寝たいわけですね

相手の寝たいを奪おうとしている私を理解しろと言っても難しいわけです。

 

自分が相手を理解できない部分があるように

相手も私を理解できないこともある

ポイント6もクリアーです。

 

 

すぐにあっさりできたーと言うほど物分りの良い私ではありませんが

何度も繰り返しながら

これらのことを冷静に思ってみると、ようやく腑に落ちました。

 

 

冷静に腑に落とせないときは、自分の事情がそうさせているんだと思えば

やはり考え方や捉え方は自己責任でなんとかしたほうが平和でスムーズに行くというのが腹落ちたと言えます。

 

 

 

そして

一番自分の肝に据えていることは

毎日、心地よく、ご機嫌に過ごす と覚悟をもって決めたことです。

 

 

 

怒るも、泣くも、苦しむも、愚痴を言うも、悪口を言うのも

自分の時間と身体と思考力を使っていて、そのことは記憶に残ります

それで自分が辛くなるならやめればいいだけのこと。

 

 

 

やらなくてはいけないことがあっても、「考えるのをやめる」「人を動かそうとしない」「自分でしようと段取りしない」

それなら「寝てしまおう」 と選んだわけです。

 

 

 

自分の人生の時間をどう使おうと決めるは自分ですから、全て自己責任の中でデザインできるというわけです。

 

 

これからの人生どう過ごしますか?

 

 

お知らせ

◆ パーソナルセッション
  パーソナルセッションのご案内  

  7月スケジュール

  8月スケジュール

 

◆ マイペースに学ぶメールセミナー
 「しつこい悩みを楽にする」 メールセミナー
 ・自分を知る。

・自分を受け入れ、認める

・他のやり方に目を向ける癖を作る

・セルフイメージを意識して強くする

この4つを軸に学びます。
 

◆ 気持ちを切り替えて自分らしく生きよう
 気持ちの切り替え方」(無料セミナー)



ポチッ といただけると嬉しいです。


にほんブログ村