hasshies-DTM-Sound

DTMで作った曲を主にYoutubeで公開しています。
公開曲以外にも、DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDI、Vocaloid、ビートルズ等に関することなどや思いついたこと。
他のSNSで公開していた小説-<妄想劇場-ストロベリーフィールよ永遠に>-等をここのブログでいろいろと・・。


テーマ:
J・POPを創ろう その4 
これなら売れるビックリマーク
J・POP今売れている4大ジャンル
!!

テキストはこちら目

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【ご注意】
このブログの趣旨は、ここにあげる楽曲はパクリだということでは決してありません。
教材として採用した本を参考として、いわゆる“J・POP的な名曲を創ろう”という試みです。
宜しくご理解ください。
※それこそ権利者への侵害となりますので、取り上げた教材となる本の内容については著作物の転載となるような表現は極力致しません。実際に教材となる本を購入してお楽しみくださいね
キスマーク
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)/扶桑社

¥1,296
Amazon.co.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今はレコードやCDといったメディアがミリオンヒット!などという時代ではなくなりました。
ダウンロードや一定の月額で聴き放題などといったネット・ミュージックが主流となっています。

CDといえばレンタルで複製して聴くこともできますね。
これだと1枚のCDで100人~1000人といった単位で複製されてしまうわけで、単純にCDも売れなくなるわけです。

以前面白いことに、何年ぶりかでCDが欲しくなり、購入のためCDショップを探しにいったのですがショップすらないということがありました。目

仕方なくレンタルということに叫び

こんな調子ですから、CD売り上げなんてのはなかなか楽曲の人気のバロメーターにはならなくなってしまいました。

CD売り上げは1990年代がピークといわれています。
年間売り上げ100万枚が20曲もあった時代があります。
1998年。
そんな時代のヒット曲がこれらです。







では今はどうかというと・・。

本によれば2011年はミリオンを記録したのはたった5曲。
しかもすべてAKB48だったそうです。





それはさておき、CDショップとして有名なものに“タワー・レコード”がありますね。クラッカー

新宿店ではJ・POPといわれる分野で4つのジャンルでワンフロアを形成しているそうです。

そのジャンルとは・・

①アイドル系

2013年を例にとれば売り上げベスト1位~4位はAKBだそうです。

1位


2位


3位


4位


ちなみに5位は・・


さて、つづいてのジャンルは・・

②ジャニーズ系





3つ目は・・

③アニメ系





最後のジャンルは・・

④ビジュアル系

BOOWY、X-Japan、LUNASEA、GLAY、黒夢などが有名ですが、ここではあえてマキタ・スポーツさんの楽曲をお楽しみください。





すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)
マキタスポーツ
扶桑社
売り上げランキング: 9,730


内容紹介

◆ヒット曲を分析したら現代社会が見えてきた


マキタスポーツ氏は芸人でありながら、10年以上にわたりバンド「マキタ学級」を率いて音楽活動をしてきた。
その中でカノン進行、J-POP頻出ワード (「ツバサ」「サクラ」「トビラ」「キセキ」)、楽曲構成など、「ヒット曲に共通する要素」に気づき、
それらの要素を分析・分解し、『十年目のプロポー ズ』という曲を発表したところ、配信チャートでスマッシュヒット。その流れと同一線上にある
「作詞作曲モノマネ」というネタでも各メディアから注目を浴びることとなる。
もともと構造分析フェチであったマキタ氏は、本書で「アイドルとは終わりを愛でる芸能である」「『トイレの神様』理論」
「ビジュアル系とはビジネスモデルである」「『鰻の甕』理論」など、数々のロジックでヒット曲の謎を解き明かしている。
そして、最終的に行きついた「すべてのJ-POPはパクリである」という結論とは?
本書は芸人による音楽評論本でありながら、現代社会における「オリジナリティー」とは何かなどを考えさせる現代社会批評の書ともなっている。

<本書の内容>
第1章 ヒット曲の法則
・ヒット曲を生み出す時代背景
・カノン進行は一発屋を生む?
……など

第2章 なぜCDが売れなくなったのか?
・ファッション化する音楽
・AKB48の曲がヒットする2つの理由
・ももクロのジャンクさは確信犯
・ジャニーズという「ジャンルのすごさ」
・ビジュアル系をビジュアル系足らしめる3要素
……など

第3章 モノマネから発するオリジナリティー
・作詞作曲モノマネはオリジナルなものを生み出す
・オリジネイタータイプとフォロワータイプ
……など

第4章 日本のポップスはすべてノベルティー・ソングだ
・アーティストの非常に「柔らかい部分」
・「ノベルティー・ソング」とは何か
・「人格/規格」という見立てでアーティストの秘密がわかる
・パクリ論争などバカバカしい
……など

◆内容(「BOOK」データベースより)
カノン進行、J‐POP頻出ワード「ツバサ」「サクラ」「トビラ」「キセキ」、楽曲構成など、「ヒット曲に共通する要素」を徹底分析・分解!

◆著者について
マキタスポーツ/1970年生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優、コラムニスト。
2013年、映画『苦役列車』での演技により、ブルーリボン賞新人賞、東スポ映画大賞新人賞を受賞。
本名の槙田雄司名義での著書に『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)、『アナーキー・イン・ザ・子供かわいい』(アスペクト)
本書はマキタスポーツ名義での初の著書になる。

◆著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マキタスポーツ
1970年生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優、コラムニスト。2013年、映画『苦役列車』での演技により、ブルーリボン賞新人賞、東スポ映画大賞新人賞を受賞。本名の槇田雄司名義での著書に『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)、『アナーキー・イン・ザ・子供かわいい』(アスペクト)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


さて、次回のヒット曲の法則は・・・
目


To be continue ~

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。