ラブライブ!についての展望 | はっさくLLLGPの言葉置き場

はっさくLLLGPの言葉置き場

LiSAっ子でラブライバーでガーディアンでプロデューサーなはっさくの考えていること、体験したことの倉庫。

今日から半ば突発的にブログを始めるはっさくです。
これから僕が日々の中で思ったことやイベントで体験したことをここに記していこうと思うのでよろしくお願いします。

さて、今日はJAM Projectさんのライブに行ってきたわけなんですが、そのお話は明日以降に書くことにして、さっと今日思い描いたラブライブ!及びμ'sの今後の展開、というか僕なりの希望を書き綴ってみようと思います。

先週から2期が始まったラブライブ!ですが、BDが全7巻ということで1期同様1クール、つまり3か月で終わるわけですね。
その中で1期同様挿入歌も出る予定で、私が把握している範囲では既に2枚目まで発売が決定しています。

BDの発売も6月から始まるのでそれに付いてくる(1期通りならば)ソロ、又はデュオの曲も楽しみですね。

去年通りにいけば放送終了直後から3枚目のユニットシングルのリリースが始まり、12月にはBDが揃い、一層持ち歌が増えた状態で5thライブを迎えられそうですよね。

ラブライブ!の一番遠い予定としては1/31,2/1の5thライブがあって、2期が始まったことでそこまでの道筋が徐々に公開されている状態ですが、僕が今回予想(というか希望)したいのはその先の部分なんです。

つまり、第3期、もしくは劇場版の可能性と、その後のライブ展開についてです。

個人的には第3期は現状望み薄かと考えています。
その理由としては、まず2期では3月のラブライブ!までの道のりと3年組の卒業が描かれるであろうという誰もが考えるであろうビジョンが先立ちます。
そして、あの9人だからμ'sだという認識。
個人的にはサイドストーリー的に亜里沙や雪穂が入学してからのアイドル研究部の物語やA-RISEの物語もアリだとは思うのですが、それもあまりないかなぁと。

次に劇場版。
これは大いにあり得ると思っています。
スクリーンに映すということはそれだけのお金がかかりますが、ラブライブ!ならそれを補って有り余るほどの収益を回収できると思っています。
現状で考えられる劇場版のビジョンとしては、ラブライブ!終了までをテレビ版で描いて3年生の卒業を劇場版で描くというものですね。
これは多分結構な割合の人が考えることだとは思いますが……
時期的には5th後、3月くらいかなぁとぼんやり思っています。

最後にその後のライブについて。
これについては僕の願望的なところが強いのですが……

ツアーをやる!!
ツアーをやってほしい……

9人という大所帯な事、それぞれにソロの音楽活動、声優活動があることを考えるととても難しいとは思いますが、東名阪くらいは一度ライブツアーを敢行してほしいと思っています。
そうすれば、ある程度参戦する方も散るでしょうし、地方で行きづらかった方も参戦できるかと思っています。

このツアーに関しては5th以降のメディア展開が大いに影響してくるので本当に希望の色が強いのですが、場所やお金や日程に恵まれなかった人も彼女たちをその目で見れるチャンスを与えてほしいと思います。

個人的には、来年なにもメディア展開がなかったとしてもそのツアーがあればもう1年程ラブライブ!は熱いコンテンツでいれるのかなぁと思っています。


半ば酔った勢いでここまで書いてきましたが、これはいちラブライバーの描いた妄想なので、まとまりがないこと、現実的でないことは大目に見てください。

明日、というか今日、時間があれば昨日のJAM Project福島公演について長々とレポ的なものを書けたらと思います。


では、おや睡眠。