絶壁やハチはりが目立たないヘアスタイルは? | 豊田市美容院・美容室 ハッシュのスタッフブログ

豊田市美容院・美容室 ハッシュのスタッフブログ

豊田市山之手の美容院・美容室ハッシュのヘアケア満載のスタッフあれこれブログ♫


テーマ:

絶壁やハチはりさんなどの骨格の悩みは、骨格そのもののカタチを変えるのは不可能なので、基本的にはカットやパーマ、カラーなどを工夫することで、補正して解決します。


絶壁さんのヘアスタイル対策は?


まずはカットでしっかりと補正します。

絶壁の部分にかかる髪をふくらむようにカットするだけでなく、へこんでいる部分の下の部分をよりへこむようにカットして、相対的に後頭部をふんわりみせることが有効です。

全頭パーマをかける場合はふくらみが欲しい部分は少し強め、その下の部分は少し弱めでかけたりもしますし、全頭パーマが必要ない方はつむじのあたりだけかけたりもします。

ヘアカラーで目の錯覚を利用する場合は、ふくらみが欲しい部分は少し明るめ、その周りを少し暗めで染めます。

つむじの辺りは明るめで、顔周りは少し暗めだと、絶壁を補正できて小顔効果も期待できますね。

とにかくそこを膨らませるだけではなく、相対性を持たせるために他の部分をひっこませるとより効果が高いのです。



ハチはりさんのヘアスタイル対策は?


絶壁さんの対策と同じく、ベースのカットでしっかりと骨格を補正します。

また、ハチの張り出しの原因が、骨格ではなく、根元の立ち上がりなどのクセが原因であることも。

この場合は、ポイントストレートパーマをかけて、毛流れを補正することも効果的です。

また絶壁さん対策同様にてっぺんにパーマをかけて四角をより丸型に近づけるのも有効です。

悩んでいるとつい、へこんだり、出っ張ったりしている部分だけをなんとかしようと思ってしまいますが、悩んでいる部分の周辺部分を含めたヘアスタイルのバランスを取ることがとても大切なんです。

また、骨格が原因だと思い込んでいる悩みが、実は髪のクセが原因であったり、複数の問題が絡み合っている場合も多いのです。


豊田市美容院・美容室 ハッシュのスタッフブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス