2009-08-11

基準をどこに置くか

テーマ:ISOのあり方

建設業ISOお助けブログ-福寿会館
福山城の北にある福寿会館です。お城からの景色です。福山通運の創始者?の渋谷昇氏の寄贈となっており、建物内は入れるそうです。時間がなく庭園だけを見ましたが、洋風のカフェもありいいところですね。

ISOの話になると効率とかが、話題になりやすいのですが、資本主義の世の中では確かに利益主導のためやむをえません。

しかし、過去の成功者は本当に満足して人生を終えたのか?少し考えてみたいと思います。

例えば、家康は「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し」と言ってます。また、秀吉は、「露と落ち露と消えにし我が身かな浪速のことは夢のまた夢」と言ってます。「重荷」と「露」どうも人生に悔いを残しているみたいですね。ではどう考えればいいのでしょうか。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。