今日の開けてびっくり上から目線な金融機関からの郵便物 | はしねぇのblog~サックス担いで今日もゆく

はしねぇのblog~サックス担いで今日もゆく

趣味でサックス吹いてます。色んな演奏会行ってます♡
そんなサックス活動日記や日々のあんな事こんな事をぐうたらと。
いつかサックス吹きで集まってアンサンブル大会やってみたいな~という夢持ってます♪

いつもお読みいただきありがとうございます😊


ポストに取引のある金融機関から封書が届いてました。

中には、金融庁からの指導で顧客の口座登録情報を再確認と更新をするため、確認と変更あれば記入して返送するようお知らせと、

もし返送しなければ「取引に関して速やかな対応ができない場合があります」と、なーんか上から目線の脅し文句のような文章…ドクロ


そして同封の用紙見てびっくり‼️


なんと、取引の部店、口座番号、名前、資産状況、年収、勤務先名まで印刷されているんですよ…

😱


普通郵便ですよ?

ポスト入れ間違えられたり、他人が隙間から取ることも考えられますよね?


個人情報に関してますます厳重に扱わなくてはいけない世の中に、これだけの個人情報記載して普通郵便で送りますか⁉️


金融機関としてどうなんでしょう??

金融機関だからこそ、書留にするなり、パスワードがないと見れないようにネットから確認するとか厳重にしないといけないのにガーン


それに個人情報を求める時は、「いただいた個人情報はこう言う場合しか使いませんとか、キチンと管理する事」を書きますよね?

それが一切ない😱


そして上から目線…


ほんまびっくりしました。


これ、普通なんですかね?


取引やめよかな…