温泉はやはり、源泉かけ流しが良い。

かけ流しは湯量豊富な証拠。

 

 

一泊目は甲子温泉 大黒屋さんに投宿。

白河市街から山をグイグイ直登し、

最後トンネルを越えたところで

川に下る、山あいの一軒宿だ。

 

 

 

旅館棟から階段を50段以上下り、

阿武隈川を渡ると大岩風呂がある。

温泉はこんな感じ

縦5x横15x深1.2(m) ほとんどプールである。

 

人がいなければ泳いでもかまわない

だろうが、湯中に大きな岩(子宝岩)

が潜んでいるので足をぶつけない

ように注意。

 

 

二日目は奥那須温泉 大丸温泉旅館さんへ。

白河からはショートカットの山道を

雨と霧の中グイグイ上る。

 

 

池のようなこの写真がすべて露天風呂。

豪快な温泉だ。男性女性とも湯浴み着を

着用するのがルール。

 

右手の滝の上流に、あと3つ露天風呂が

直列に並んでいる(最上部は女性専用)。

温泉が湧出し、川となり、堰き止めて利用。

あふれる温泉は宿から流れ出てゆく。

 

温泉は家に持って帰れないのが

残念だ。

片道230kmと、決して近くはないが、

この温泉に行くためならば我慢もできよう。

 

新たに白河のラーメン店巡りという

楽しみも見つけたことだし、

また今度、である。