本日は参議院総務委員会でした。「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律の一部を改正する法律案」、いわゆるプロバイダ責任制限法案について各会派における質疑が行われました。インターネット上に他人の権利を侵害する情報、誹謗中傷等に対する、発信者情報の開示請求について、事案の性質に応じた柔軟・迅速な審理が可能な裁判手続きの整備等、所定の規定の整備を行うという内容の法案です。総務委員会では可決され、明日の参議院本会議で成立する予定です。