にゃん太郎です(^^)



18レガリスLT購入後、安くて良いリールだと思いました。でも気合い入れてサーフなどで使いたいなら防水面考えると18フリームスの方をオススメします。

価格差がたった5千円ぐらい。17エクセラー買うなら三千円追加して18フリームス買った方が良いです。

でも使用環境ではコスパ最強!

サーフX(防水機能が微妙)
ウェダー X(防水機能が微妙)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
分解して数百円の防水パーツとグリス追加で○

防波堤○
サビキ等の餌釣り○
ショアジギング入門用なら○

18フリームスとスプールの互換性があるのがありがたい。

(このスプールマジカッコいいし軽い→1gしか変わってませんでした、すみません)

前置きはさておき、お決まりのベアリングチューンをいたしました。

へ○ジ○ホッ○スチューンとは同じベアリングを使いますが微妙にワッシャーの扱い方が違うのがにゃん太郎チューンです。


まずは絶対にチューンするラインローラーのベアリングチューンです。シマノのリールは1万円以上のリールなら必ず付いているのにダイワは付いてません。それをあれこれいじるのが楽しみなのでついついダイワのリールを買ってしまいます。


分解するとこのパーツになっているのはお決まりです。

コレにベアリングを組み込みワッシャーで挟み込むだけの簡単な作業。

注意しなくてはならないのはベールアームをうっかり変形させない事。ネジやカラーを飛ばしてしまわない事。


まずはベアリングを組み込みます。

その後はワッシャーを組み込みするのですがワッシャーの厚みを上手に調整してあげないと、ネジを締めたら回らない、隙間が開き過ぎてラインを噛んでしまう。この2つをクリアしないとベアリングチューンは失敗です。

締め付けたりバラしたりの試行錯誤を毎回しますが今回のベストの組み合わせはコレ


カラー→4x3x0.3→ラインローラー→630zzベアリング→4x3x0.5→4x3x0.1→ネジ


(↑4x3x0.5のシムの写真、模型屋さんに売ってます)

コレで組み込みしたらベストになりました。

普通は4x3x0.5のシムは使わないのですがベアリングに干渉しないシムなのでコレを上手に組み込むとベアリングがスムーズに動いてくれます。外側に4x3x0.1のシムを1枚入れないとベアリングを逆に圧迫してラインローラーが動かない(実は僅かに干渉している?)って現象が起こります。


4x3x0.5のシムが微妙に厚みがあり一方で内側が4x3x0.3シムに厚みが足りない為少し標準より内側にずれてます。内側にローラーが多少入り気味なのは全く気にしなくて良いです。一方外側はラインを噛む可能性があるので注意が必要です。ギリギリのラインローラー位置に仕上がりました。ちなみにに内側の位置を気にしてシムを厚くしたり枚数増やしたりすると構造上ラインローラーがしっかり固定されず前後に動いてしまいます。内側は4x3シムは絶対ですが厚みには気を配って調整した方が良いです。シムとベアリングの隙間には必ず柔らかなグリス(オイルでは無い)を付けるようにしています。色々理由はありますが後々の釣行後のメンテはオイルスプレーを使っています。



次はハンドルのベアリングチューンになります。





まずキャップを外しましす。引こ抜くだけです。

次はネジを外します





中にあるネジを外して分解するとこんな感じです。

黒カラーを740 zzベアリングに入れ替えるだけ。17エクセラーのようにベアリングに変えなくても軽くてぐるぐる回るハンドルならベアリングチューンは無意味ですがレガリスLTは重いのでベアリングを入れてみました。


ベアリングにグリスを注入。サラサラのオイルの方が動きは良いのですがハンドルノブは手に着いた海水などから水にさらされやすいのでにゃん太郎は粘度の柔らかいグリスを付けるようにしています。


これで内部のベアリング内までグリスが注入完了


ベアリングを中に入れます。ネジにベアリングに紹介した干渉しないシムを1枚入れた方が動きが良くなります。


パーツはこれだけです、組み立てたら完成。超簡単(^^)



ハンドルノブは絶対にチューンが必要な場所では無いので自己満足、自己責任でやりましょう。高級なベアリングもいらないと思っています。

ハンドルノブのベアリング化をしましたけどベアリングチューンより格安のゴメクサスハンドルノブ買って付けた方がショアジギングする場合使いやすいです(ゴメクサスハンドルノブはベアリングが付属品で付いてきますが付属のシムでは足りない場合があります。快適に回るようにするにはワッシャーを数種類準備しないと最悪の場合全く回らないハンドルノブになります、シムは数百円で買えます)

ラインローラーのベアリングのグリスをしっかり浸透させる為にスプールへの糸巻き作業をしました。


下巻き糸を入れたのに全く足りず(T . T)

下巻き糸がもう無いので明日激安品購入しなくては、、、

テーパーの形状はダイワらいし逆テーパーになってますがこれは極端過ぎ(T . T)

細めの下巻き糸を増やしたら逆テーパーがキツくなりそうなのでリールに付属のワッシャーを1枚入れてからの方が良さそうですね。

レガリスをマグシールド化した結果スプールが少し本体側に寄ってしまいました。

ちなみににゃん太郎は下巻き糸は3号のナイロンにしています。太いと表面がデコボコになりライントラブルの原因を招くからです。





下巻きを入れて完成したスプールと糸巻きです。

付属品のワッシャーを1枚入れたことで極端な逆テーパーの形状では無くなりました。


↑これです。

ワッシャーを入れて巻いてみたらほぼ正テイパー。にゃん太郎の場合ラインはスプールの規定ライン以下までしか巻かないようにしてあります。


いっぱいまで巻くと飛距離はグーンと伸びる反面でサミングをしっかりしないとライントラブルが起こりしかも結構重症になるケースが多いので。にゃん太郎が下手くそなだけですが(^^;;

タイミングがバッチリ合うとサミング忘れてルアーの飛距離にうっとり(笑

巻き量を少しだけ減らしてあげれば割とトラブルが出にくいスプール構造なのでそれをフル活用って事にしときますσ(^_^;)