夏の風物詩 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

 

ほんの僅か秋の気配も感じるほど過ごしやすくなりました。

 

この時期の風物詩も終わったり終わりを告げようとしている。

 

まずは高校野球。

 

 

ドラマあり感動あり涙あり…。

今年も幕を閉じたが、劇的な場面が幾つもあった。

やはり何かに一生懸命取り組み、死力を尽くす姿には引き込まれますな。

いつの時代にも、ひたむきさには感動です。

 

次に花火。

 

 

まだ終わったわけでは無いが、今年は台風の影響で花火大会も順延になったりすったもんだであった。

浴衣に花火…。

実に風情があって大好きである。

最近この年齢になって「和」のモノに対する愛着が強くなったようだ。

だからこそ夏の「和」の代表格の浴衣と花火は感慨深い。

 

神社仏閣にしてもそう。

 

 

若い頃は拒絶反応すらあったモノだが今はどうだ。

いつからだろう。

何故か魅かれるようになった。

何のきっかけだったかは分からない。

自ら出掛けるぐらい好きになったようだ。

しかし、変わった事がある。

若い頃は図々しい願い事ばかりしていたモノだ。

「金持ちになりたい」

「豪華なクルマに乗りたい」

…情けないほどお恥ずかしい。

最近は違う。

図々しいお願い事など一切しない。

元気でいられる事に感謝する…。

大袈裟に云えば、生かされている事に感謝…で手を合わせる。

 

神仏に頼らず、神仏を敬う。

 

自分の中での想い方が、こう変わった事だけは事実なのだ。

 

今年も夏が終わろうとしている。

一年には春夏秋冬がある。

でも、他の季節の時はこうは思わないが、夏の終わりだけは妙にセンチメンタルな気分になる自分が居るのだ。

自分の生まれた日があるからだろうか…。

関係しているのかも知れない。

 

 

まだ残暑は厳しい…。

親愛なる読者様、どうぞ体調にだけは注意下さいね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。