本当の幸せとは… | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

うだるような暑さが続いております。

言葉はこればかりですが、読者の皆様におかれましてはくれぐれもご注意願います。

 

先日テレ東のテレビ番組で、ある婚活女子のドキュメントを観ていた。

36歳のOLで婚活歴11年。

ナント出たお見合いパーティーの数1000回超え。

さらに本名も公開。

モザイク無しでのテレビ出演。

…この勇気にはアッパレを送りたい。

 

見た目は決してブサイクでは無かったと思う。

何故結婚出来ないのか。

 

話を訊いて納得した。

 

相手に求めるモノがハンパ無いのである。

 

タワマン(タワーマンション)に住みたい。

クルマも出来ればベントレーみたいなのに乗りたい。

 

経済力は譲れない。

年収1000万は最低欲しい…らしい。

 

自分に似た年代で、この条件のお相手がどれだけ居るのか知ってて云っているのだろうか。

本人曰く、1%の確率にかけたいのだとか。

この答えから推測するに恐らく確率が低いのは知っている様子。

 

しかしながら、例えるなら大海原に落ちた指輪を探すようなモノである。

仮に運よく探し当てたとしても、その相手が自分を選んでくれるかと云う難題が抜け落ちてしまっている。

なので、1000回超えてパーティーに出てもダメらしい。

当然であろう。

 

なので、最後の砦の結婚相談所への入会を決意する。

鋼のメンタルだ。

このガッツは見習うべきだろう。

 

その結婚相談所は嘘かホントか知らんが成婚率70%以上を誇るらしい。

大したモノだ。

 

そこでの面談でこれを渡される。

 

 

知る人ぞ知るあの宝塚の心得帖とおぼしきモノである。

 

これを読みながら相談所の経営者夫婦が彼女を諭す。

 

彼女の希望のお相手とか婚活歴とパーティーへの参加回数を聞き、愕きながらも心からアドバイスをする場面を見た。

要点はこうだ。

 

最終的に結婚していく人は条件で結婚しない。

価値観とか相性が重要である。

自分の事を大切にしてくれて、好きになってくれて、自分の事を理解してくれる人と一緒になる事が一番幸せである。

 

…私もまったく同感だ。

高い成婚率もダテでは無いと納得した。

良い相談所である。

 

すると彼女の目から涙…。

何かを感じたのかも知れん。

 

そして初のお見合いに…。

相手はモザイクだったが、良い雰囲気でお見合い開始。

すると相手から質問が…

「どんな家庭が理想だと思いますか❔」

すると彼女、

「皆でホームパーティーなんかが出来たらと思います」

悪い答えでは無い。

しかし、これでやめておけばよかったのだが尾ひれが付いてしまった。

「タワーマンションならパーティールームが付いてますよね」

…彼はドン引きしたのかモザイクなので分からない。

 

ここでゲストのお笑い芸人Kが云い放った。

タワマンとベントレーの話を思い出し、彼女にこう云い放ったのだ。

 

「平屋と軽トラで充分じゃね~か!」

…思わず笑ってしまったが、全部とは云わんが、オトコの90%以上が同意見なのでは無かろうか。

 

意外と婚活女子が理解していないのが、よほどの何代目かのボンボンで無い限り、一代で財を成し得たオトコほど1,000円、2,000円の重みを知っている。

おカネで苦労してきた者も多いのだ。

だからこそ、ハイエナの如く自分の財産を当てにするオンナを見抜く能力には長けているのだ。

云うまでも無くそんなオンナは願い下げであろう。

 

けれど、見返りを求めない相手には全財産を差し出す可能性だってある。

 

これがあるから世の中分からない。

 

だからなのかどうなのか、玉の輿に乗りたい女子は後を絶たない。

今回の子は36歳だからまだ理解出来る部分も無くは無いが、40歳を超えてもやっている女性だって居る。

50歳過ぎた重症者だって存在するのだ。

 

これらの人に完全に抜け落ちているモノが2つある。

 

ジブンガアイテニナニヲアタエルコトガデキルノカ…

 

それと、本当の幸せって何ぞや…と云う本質である。

 

 

これが理解出来てこそ、さらに云えばこれらを実践してこそ本当の幸せに近付くのではあるまいか。

 

突き詰めれば、貧乏だろうが五体満足なだけで幸せなのかも知れませんね。

幸せを感じる心…こんな粋な心こそ大事にしたいですな。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。