男のエゴ、女のエゴパート1 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

 

そろそろ梅雨明けの時期ですが、今年は少し遅くなりそうですね。

ジメジメした日が続いております。

しかし、梅雨明けを待つしかありませんが、明けたら明けたで暑い日々が待っている(笑)

そんな中でも、四季を愉しむ余裕は忘れたくないモノです。

 

さて、今日は久々の婚活の話にお付き合い下さい。

まったく我がブログは私の道楽ブログと化してますから、結婚相談所のブログとしての機能は果たしていない実情なので、婚活者には申し訳ない気持ちです。

しかし、何故か不思議と婚活者が集まってくれる事には感謝しかありません。

精一杯婚活者を応援致します。

 

今日はエゴについて…。

パート1なので男性のエゴについて書いてみたい。

 

婚活男性のほぼ大まかな特徴について書いてみよう。

(あくまでも初婚男性です。再婚男性も最近は多いですが初婚と再婚では明らかに違います)

 

・多くは若い女性を求める。5歳下など可愛いモノ(笑)。ヘタしたらひと回り以上である。

・さらに容姿端麗を狙う。

・出来れば自分の実家の近く、又は実家に同居して欲しい。

 

あとは個人によってはさらに細かい希望があるが、大雑把に云えばこんな所だろうか。

 

意外と男性は分かりやすい(笑)

気持ちは充分わかる。

しかし…だ。

結婚は一人では出来ん。

相手が居なければ出来ん事が抜け落ちているのだ。

その結果、一番大事な時間を浪費する事になる。

この仕事をさせて頂いてきてつくづく思う事がある。

それは、悲しいかな男性は条件で優劣が決まってしまう事だ。

しかし、条件が良くても一筋縄ではいかない。

子供を望む場合である。

条件が良くても40歳過ぎると格段に難しくなる事実がある。

それを本人は意識していないからコワい。

自分のタイムマシンは止まっているから厄介なのだ。

だから、私は云う。

「子供に固執せず、パートナーを求める思考にギアチェンジしてみたら如何でしょうか」

これを素直に聞いてくれる人なら良いのだが、実際はムズカシイ。

テコでも子供が欲しい幻想から抜けきれないのだ。

結婚イコール子供の思い入れが強すぎるのだろう。

こうなれば軌道修正は厄介である。

明日から若返るのならそれも良いだろう。

しかし、今日が一番若いのも当然だし、大袈裟に云えば、一年後自分が生きている保証などどこにもない事にも気付くべきだ。

時間はいくらおカネを出しても買えないのだ。

 

さらに容姿端麗狙い。

これも分かる。

誰だってブサイクよりは美人が良いに決まっている。

しかし、芸能人やアイドルのファンクラブに入るのとはわけが違う。

おカネさえ出せば結婚出来るのは絵空事である。

恋愛経験が少ない男性にこの傾向が強いのだが、理想を持つのは悪くないし夢は必要なのだが、「分相応」の相手を探す事の方が賢明であるし、結婚には近道であろう。

クチャクチャな顔したオッサンが平気で云う(笑)

「美人で若い方がイイ」

云うは勝手であるし容易いのだが現実は甘くない。

そんなオッサンは孤独死の予備軍になるだけだ。

しかし、蓼食う虫も好き好き…この言葉を侮ってはいけない。

私はどんな人にも釣り合う相手は存在すると思っている。

あれはイヤ、これもイヤと選り好みが強すぎるから結婚から遠ざかるのだと思う。

しかし、中には私から見て「いい線選ぶな…」と思う男性も居る。

これは再婚者に多いのだが、そんな人は意外と時間が掛からず成婚する場合が多いのだ。

やはり、一度でも結婚を経験した人は学んでいると思う。

 

最後に自分中心に考えてはダメである。

自分の実家の近く…自分親との同居。

昔は当たり前だった風景だが現代でこの常識はもはや通じない。

時代は変わったと云うしか無い。

これに固持すれば結婚はさらに遠ざかるだろう。

 

私は結婚は努力と忍耐を続けながら、二人で夢を追うモノだと解釈している。

相手に何かしてもらおう…こう思った時点で結婚生活には暗雲が立ち込めると思っている。

この考えには幼稚さが潜んでいると知らなければならない。

お互いが「アイテニナニカシテアゲヨウ」こう思えてこそ結婚生活が生き甲斐に繋がるように思うのだ。

思いやり、相性、軌道修正

この3つの土台の上にこそ「ステキな夫婦」が出来上がるのだと思っている。

 

ステキな伴侶を得たいのなら、まずは自分が謙虚になり努力しなければならない。

条件なんかより、相手への思いやりが大事なのだ。

一途な思いやりこそ相手の心を打つ場合が多い。

 

 

 

何気に良い言葉があったので貼り付けてみた。

当たって砕けろですよ(笑)

 

 

恰好付けずに、相手の長所を見て相手の心に入り込む努力を…。

それでもフラれる事もあるかも知れん。

そしたらば又別の相手にフラれて下さい。

プライドズタズタにされて、とことんまでフラれてみて自分を見つめ直して下さい。

それを繰り返しておれば何かが見つかる筈…。

成功は近いです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。