ボケの醍醐味 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

 

今日は時の記念日…。

意外と馴染みは少ないこの日だが、確実に生きている以上この「時」と無縁では生きていけない。

 

しかし、今日は時の記念日の話題ではありません(爆)

お詫び致します。

先日もお陰様で前向きな婚活者に入会頂いた。

お聞きすると、うちのブログを熱心に読んでいて下さっていたらしく実にコソバユイ(笑)

他の相談所とは違う匂いを感じて下さったみたいだ。

実に有り難い。

継続は力なり…これを実感した。

誠心誠意応援させて頂きたいと思うばかりであります。

 

さて…(笑)

話は変わり、今日の本題。

笑顔の夫婦を見掛けるのは良いモノだ。

微笑み合う恋人も気持ちが良い。

 

当人達も気持ち良いのだろうが、それを見ているこちらも心地良い。

だからテレビのCMなどもこの老若男女の「笑顔」を使うように思う。

 

微笑みから爆笑まで種類は多い。

中には嘲笑とか嗤と云う字で表現されるワライもあるが、笑の字で表現されるワライは好きである。

 

微笑み湛えている女性を女房にした男は実に幸せ者かと思う。

極端にゲラゲラ笑いの女房も悪くはない。

 

笑いは潤滑油であるのと同時に余裕ではないかと思う。

 

箸の転ぶのも笑う少女なども可愛いモノである。

 

しかし、いつからか笑ったり微笑んだりする女性が少なくなってきたように感じるのだ。

笑いの溢れる家庭、夫婦はステキだ。

ボケとツッコミが出来る夫婦もステキですね。

 

共働きが増えたのが理由なのかは定かで無いが、漫才で云うボケとツッコミが夫婦間でも変わってきたのでは無いだろうか。

 

旦那や妻…どちらからも笑顔が消え、会社の愚痴やら他人の悪口に終始していては注意である。

 

ボケとツッコミを漫才で云うなら、どちらが難しいか。

これは「ボケ」であろう。

ツッコミの言葉をフワリと受け止め、笑いの醍醐味を形成する。

そこで、見る方は笑いを誘い出される。

だから、技術的にも「ボケ」の役割は大きい。

 

本来妻は、この要であったはずなのだが、形勢が一転してツッコミになった為に妻たちの顔から次第に笑いが消えてしまったのだろうか。

 

本来、「ボケ役」は賢明だからこそ出来るとは云えまいか。

 

演技でも「ボケ役」を無難にこなせる女性と云うのは魅力的だと云うのは忘れてはならない。

仮に天然でも愛される場合も多いのだ。

 

妻がツッコミに徹するとどうなるか。

家庭はギスギスするし、やがて砂漠化する。

やがてこんな言葉までついて出るとなれば悲劇だ。

「私がいなけりゃ、一体この家はどうなるのよ」

亭主への感謝も無ければ、亭主の居場所も無くなってしまう(笑)

これではつまらん。

 

何度も云うが、「ボケ役」は賢明だからこそ出来るのである。

これの出来る妻は実にスゴイと思う。

 

もう一度、世間の妻たちはボケの賢明さとそこに生まれる笑顔、そこに醸し出される女の美徳について考えてみるのも悪くない。

 

それが出来れば亭主から妻への尊敬の念も生まれよう。

夫婦はお互い感謝で成り立っていると思う。

それこそが夫婦の絆へと繋がるのだろう。

離婚が少なくなるのを願ってやまない。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。