ご心配お掛けしました | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

まだ5月だと云うのに、うだるような暑さになりつつあります。

流し素麺でも食べたくなるぐらいですね(笑)

読者の皆様におかれましては、くれぐれもご注意願います。

 

前回の記事でご心配をして頂いた読者様にコメやらメッセまで頂きました事、この場を借りて心より感謝致します。

無事復旧改善致しました。

 

最近特にありがたいお言葉や人のやさしさと云いますか思いやりには涙腺が緩んできます。

頂いたあたたかいお言葉を糧に、より一層心ある結婚相談所の運営をしていく決断を致しました。

 

最近特に我が婚活業界を取り巻く環境がより一層厳しくなってきた事をひしひしと感じます。

結婚相談所が開業したと思ったら数か月で閑古鳥…そして休業に近い状態となってしまう。

困った現状ではありますが、理由は何なのでしょうか。

 

「ウン10年前には黙っていても婚活者が押し寄せた。しかし最近は宣伝をしても婚活者が集まらず経費だけが掛かってしまい、経営が火の車になってしまう」

 

…こんなグチを聞く事は少なくありません。

それもキャリアの長い相談所の経営者から多く聞きます。

 

理由はもちろん色々あります。

しかし、私に云わせれば、

「こんな事をグチっている暇があるなら、もっと婚活者の事を真剣に考えて自分が身を粉にして努力せよ」

…誤解を恐れずに云えばこれが私の本音です(笑)

 

アグラをかきすぎたツケが廻ってきた事すら分かっていない。

昔は確かにどんな変な人でも結婚出来た確率が高かった。

世話焼きのオッサン、オバサンも地域に根付いていた。

 

ところが今はどうでしょう。

賃金の差が激しく安定なんてほんの一部の人…。

40過ぎで独身の人がゴロゴロ居る。

隣の人がどんな人かさえ分からない場合も多い。

核家族化のなれの果てが進もうとしている。

さらには離婚も著しく増えている。

 

実に厄介な時代です。

だからこそ、私ら結婚相談所には試練でもあるがチャンスでもあるわけです。

事実、結婚相談所においても格差がじわりじわりと進んでおります。

 

これを食い止めるためにも結婚相談所の仲人経営者には柔軟さが必要になってきております。

婚活者の気持ちが分からない相談所が顧客を取り込める時代は確実に終焉を迎えました。

この危機感を持っていない相談所が婚活者を獲得出来るほど甘くはありません。

婚活者がどのように悩んでいるのか、自分が婚活者ならどうして欲しいか…これを客観的に考えられる相談所なら大丈夫でしょう。

 

しかし、これだけでもいけません。

やはり、婚活者の痒い部分に手の届く経営者でありたいモノです。

 

便利な世の中になりました。

これからもさらに変貌しながら進化する事でしょう。

しかし、それに比例して「人のご縁」は希薄になる事も事実なのです。

だからこそ私どもはこれを真剣に考えながら、人のご縁の素晴らしさを伝えなければならない。

たとえば、他人と一言も言葉を発せずに1日を終える人が居る場合だってあるのです。

今の時代は、こんな中高年者や若者だって居るのです。

これは一大事ですね。

人のご縁は実にかけがえの無いモノ。

これこそ人生に一花どころか百花繚乱の花を咲かせる場合だってあるのです。

 

だからこそ我々は深い部分を考えねばならない。

人から心から感謝され、尚且つお金まで頂ける。

こんな仕事はなかなか少ないのでは無いでしょうか。

これを軽く考え、すぐに目先のお金に釣られるようではこの仕事には向きません。

 

今日は商業ブログに終始してしまい深くお詫び申し上げます。

ホームページが見えなくなったピンチの際に、こんな事を考えている自分が居ました。

この業界の活性化を心より考えながら、地道に努力する以外道は無さそうです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。