頑張れ昭和のドライブイン | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

いよいよゴールデンウィークに突入。

とてつもないお見合いが控えておりますが、ひとつひとつのご縁を大事に良縁へと繋げたいです。

 

そんな中、息抜き程度に今日はユルい話にお付き合い下さい(笑)

 

もうすぐ令和、平成も終わろうとしている。

いつも仕事柄電車に乗るのだが、最近は慣れてきたが車内の風景に愕く事も多い。

誰も彼もスマホ…本を読んでいる人すらまず居ない。

友人同士の会話も無い。

別れ際の挨拶だけしか言葉が無いのに衝撃を受けるが、私の方がオカシイのかも知れない。

 

どんどん消えていく昭和の風景…。

当然と云えば当然なのだろうが、私としては寂しさは否めない。

 

駄菓子屋も無くなっていく…。

俗に云う○○商店と云う個人商店である。

私のガキの時分に見たそれはこんな感じである(笑)

 

 

手書きの値段に、このレトロなショーケース(・・?と云おうか、吊り下げられたモノもあった。

そして、そこには子供好きな名物オバサンかお婆さんが存在した。

私らガキに人生論を教えてくれたオッサン、オバサンも居た。

最近は特に子供が少なくなってしまった。

消滅するのは仕方ないのだろうか。

 

レコード店もほぼ無くなってしまった。

 

 

街の個人書店もそう。

立ち読みばかりするとレジから睨みを利かせるオッサン…を思い出す(笑)

 

 

純喫茶もめっきり少なくなってしまった。

 

 

 

私らが学生時代は「サテン」と云って、ココでたむろしてバカな話や人生論などを語り合ったりもした。

当然ケイタイなんぞは無かったから会話は大事にしていたように思う。

学生服の上着を脱いでタバコをふかしたりもした。

それを見つかって停学…なんて事も有った(笑)

 

さて、今日の本題…。

先日何気にテレビを観ていたら、まだ頑張っているドライブインを取り上げていた。

感慨に浸った。

 

 

こんなドライブインがいたる所にあったが、これも時代の流れには勝てずその多くが道の駅へと変貌した。

 

そんな中、長野県の塩尻市、国道19号沿いに昔の姿のまま頑張っているドライブインが実在するのだ。

 

 

それがコレ。

 

 

 

昭和のままであり、メニューも豊富。

しかも安くてウマいらしい。

 

 

屋号はSSと云うらしいが、創業者の佐藤進サンの名から付けた屋号を今も守り継いでいる。

 

未だに人情女将が従業員と共に頑張っている姿に胸を打たれた。

…外観内装とも当時のままで頑張っているのだ。

今も根強いファンが多く、長距離トラックの運チャンは勿論、最近は家族連れも多いのだとか。

ひとり客だって大事にする。

トラックの運チャンが営業時間少し前に待っていると声を掛けて中に招き入れる…。

このような事は現代の道の駅ではなかなか見られん風景なのでは無いだろうか。

云うまでも無くトラックの運チャンにはご飯大盛り…(笑)

そこにとびっきりの笑顔が付くのも人気の秘訣なのだろう。

ココには確実に「昭和のおもてなし」が存在するのだと感じた。

 

 

実に素朴な定食なのだが、私はこのテの定食が大好きだ。

サバの煮付けとトン汁…これだけでも充分なのだが、目玉焼きと冷奴のややアンバランスなコントラストも好きだ(笑)

 

味も良いのには違いないだろうが、そこには間違いなく人情と云う隠し味が調合されているだろうから美味いのだろう。

変わらない…。

これは一種の「強さ」では無かろうかと思う。

すぐに気が変わる…。変わった…。

そう云って平気で約束を破る人だって世の中には居る。

こんな人だって多い中で、「変わらない…」これこそ強さと云えるのでは無いだろうか。

無論…変わる、或いは新しくなる事だって大事な事。

しかし、変わらない事だってステキな事なのだ。

時代遅れと云われようが、建物は老朽化しようが心を大事にする。

これこそが粋であり妙味なのだと思う。

 

このテの施設にはいつまでも頑張って欲しいと願わずにはいられない。

昭和ファンとしては灯りは消えて欲しくないのである。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ