遊びと非日常性の制作 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

 

桜も終焉を迎えてしまい、どこかしら寂しさも感じる。

 

うちはご存知のように年中無休であります(笑)

さらに云えば自営業なので固定給も無ければ何の保証も無い。

勤務時間も無いから夜中や明け方に考え事をする事も少なくない。

 

婚活者を純粋に応援する事が仕事であるのだが、不安も大きい。

一方でやり甲斐もハンパ無いのも事実である。

頑張った婚活者を送り出す瞬間こそ至福の時と云えよう。

 

しかし、正直年がら年中仕事ではやり切れん部分もある。

私は人間は愉しむ為に生きていると半ば真剣に思っている。

だから、時には息抜きもする。

温泉が好きなので近場の温泉に出掛ける事も有る。

自然も好きなので時にはキレイな空気にふれてみる。

パワースポット、神社仏閣も好きで出掛ける。

美味しいモノを食すのも実に好きだ。

最近はもっぱらの愉しみは食す事だろうか。

この歳になると感動する事も少なくなるので、これではいけないと思ってみたりする(笑)

 

今日は遊びについて書いてみたい。

 

気分転換の為の遊びとは、日常の一切の事をキレイさっぱり忘れて、心地良い疲労を感じる事では無かろうか。

 

世間には、遊びの極意に通じていると自負する人も多い気がするが、話を訊いてみると遊びの為にやや無理をしている気がするのだ。

遊びに極意は無いように思う。

個人が自己流を身に付ければ良い。

 

それは、自分は何によって「心地良い疲労」を宿す事が出来るかを知る事なのではあるまいか。

 

自分だけの愉しみを探し当てた方が賢明である。

特に現代はストレスも付き物だから尚更である。

 

…しかし、ストレスを忘れる為に遊びを選択するのも大人とは云えない。

ストレス忘却を前提にしたならば、遊んでいる最中にもコレが終わったら又現実に引き戻されると云う一種の恐怖感を宿す事にも繋がり、かえって愉しい筈の遊びがマイナスになる可能性をも孕むのだ。

旅行帰りに誰かの一言を聞いた経験はあるかと思う。

「又明日から会社か~。仕事か~」

どこかに遊びに行き、日曜の夜にサザエさんを見ながら思った経験はあるまいか(笑)

「休みはあっという間だな~」

これはヘタな遊びである。

日常性を引きずっての遊びが、この言葉へと繋がっているのだろう。

これではストレスを増長させてしまう事にもなる。

 

遊びとは、日常を自己流に切り取る事なのだ。

 

昨日あっての今日とか明日あっての今日と云う考えではなく、今日は今日なのだとの意識を植え付けた時に、自分だけの格別な非日常の一日が生まれる事を知った。

 

自分の感性とか感覚と呼ばれる部分に、新鮮な風と光を取り入れてこそ遊びは充実するように思うのだ。

日常の中で凝り固まった意識を自己流に撹拌するからこそ遊びの妙味に繋がるように思うのだ。

 

そんな空間に気の置けない仲間、愛する人などが居れば、遊びはかけがえのないモノ、思い出となって心に巣食う事となる。

 

 

一生は長いようで短い。

愉しまなければならないと思うこの頃だ。

そんな中にこそ豊かな感性は宿ると信じる。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ