キラキラネーム論争 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

 

春本番で実に嬉しいのですが、花粉との闘いに参っております婚活です(笑)

 

先日こんなニュースが飛び込んできた。

 

 

キラキラネームとは下記の事らしい。

 

 

一般常識から著しく外れているとされる珍しい名前(本名)に対する表現。一般的には、悪魔など名前としては悪意のある単語の名前のことを言う。類似のインターネットスラングにDQNネームがある。

 

別名DQNネームとも云うらしい。

この男性は「王子様」と云う。

当然本名だ。

 

 

…母親が名付けたらしい。

当然どう付けようが勝手かも知らんが、親の浅薄さを感じるのは私だけだろうか。

この改名に成功した18歳の赤池肇サンのお話がコレ。

 

王子様」と名付けられた、山梨県在住の高校3年の赤池肇(はじめ)さん(18)。3月5日に甲府家庭裁判所に改名を申し立てたところ、変更が認められ、名前が変わったばかりだ。

奇抜で珍しい「キラキラネーム」に悩んできた赤池さん。ツイッターで「名前変更の許可が下りましたァー!!!!!!!!」と改名を公表すると、13万RTされ、大反響を呼んだ。

赤池さんは子どもに名前をつける時、「お爺さんやお婆さんになってもずっと同じ名前であることをよく考えて欲しい」と話す。

「小さい頃は可愛いかもしれないけど、大人になってからも同じ名前だと悲惨。名前はずっとついて回るものです」。

●友人からのあだ名は「王子」

自分の名前は「人名じゃなくて役職名」。他の人との違いに気づいたのは小学校低学年の頃だった。

友人からはいつも「王子」と呼ばれていた。「環境に恵まれていた」こともあり、友人からバカにされたり、名前が原因でいじめられたりすることはなかった。

しかし、名前を何度も聞き返されたり、本当に本名ですかと確認されたりすることは日常茶飯事だった。学生証で証明することに慣れてはいたものの、毎回説明するのはわずらわしく、何より嫌だった。

高校に入学後、クラスで1対1で自己紹介をする機会があった。「王子様」という名前を言った途端、同級生の女子生徒が吹き出したこともある。

「怒ってもしょうがないし、俺でも笑うと思います。まあいっかなという感じでした」

 

…出来た青年である。

友人らに恵まれたのも良かった。

しかしながら、人によっては屈折してしまう場合も多いのでは無かろうか。

イジメを受ける可能性だって孕んでいる筈だ。

しかし、赤池サンはこうも云っている。

 

結局、どんな状況でも自分次第である…と。

 

18にして良い事を云う。

今後の改名後の人生にアッパレを送りたい。

 

1993年だがこんな事も世間を賑わせた。

 

 

実の子に「悪魔」

言葉は無い。

いや、この親に掛ける言葉は持ち合わせていない…が本音か。

最近は時代の流れなのか、このキラキラネームに関する論争も話題になりつつある。

こんな名前も実在するらしい。

 

 

2番目と4番目はそれほどではない私感が有るが、1番目と3番目と5番目はキツかろう。

 

こんな人も居て、この人はテレビにもモザイク無しで出ているらしい。

 

 

本人は気に入っているらしいから問題無いかと思う。

 

失礼ながら思わず笑ってしまったのがコレ(笑)

 

 

…ウーム…。確かに。

 

一方でこんな現象も起きているらしい。

 

 

会社に採用されないのだとか…。

実に気の毒だ。

 

…そんなこんなで、キラキラネーム…。

昨年2月に更新した拙著だが、リブログしてみた。

 

ここに登場する先生のような心根のある親が増える事を願いたい。

 

子供の誕生を歓ばない親がどこに居ようか…。

誕生の時の歓びと共に、子供の将来にまで思いを馳せて欲しいと願うばかりである。

現在から将来まで、長い視野で広い心と愛情で名前は決めて欲しい。

そのぐらいの器量は親として持って欲しい。

たかが名前…されど名前なのだ。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ