皆に愛された白覆面の魔王 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

花粉症に苦しんでおります婚活です。

しかし、お陰様でこのところ新規のフレッシュな婚活男女に恵まれております。

たくさんのご縁繋ぎに精進致します。

 

さて、今日は違う話題を書くつもりであったのだが急な訃報が飛び込んできた。

プロレスファンの私としては是非とも書いておきたい哀しい事実だ。

 

元プロレスラー、ザ・デストロイヤー氏が鬼籍に入られてしまった。

…言葉にならない哀しみだ。

覆面レスラーのレジェンドとも云えるべき人であり、日本では未だに知名度も人気も高い。

古くはナントあの力道山氏とも激闘を繰り広げた人だ。

 

 

必殺技の足4の字固めはあまりにも有名である。

力道山との死闘で覆面も血まみれ、それでも両者死力を尽くした闘いは日本人の心を掴んだと云って良かろう。

実力も兼ね備えた一流選手だった。

 

ところがお茶目な面もあった。

テレビ出演であっという間にお茶の間の人気者となる。

 

 

若かりし日のアッコサンと五郎サンが見える(笑)

番組内で大のプロレス好きでもある徳光アナに伝家の宝刀を見舞う場面もあった。

 

 

しかし、二人は大の仲良し。

 

 

せんだサンとのひとコマ。

 

 

覆面レスラーとしてもトップレベルの実力者で、仮面貴族と云われた「千の顔を持つ男」ミル・マスカラス選手と人気を二分した。

 

 

余談だが、外国人レスラーで日本での知名度が特に高い選手と云えばこの人も真っ先に名前が挙がる。

 

アブドーラ・ザ・ブッチャー選手である。

 

 

凶器攻撃の第一人者と云って良かろう。

ご覧のように試合中にテリーファンク選手の腕にフォークを突き刺してしまう。

ハンパ無い反則を実行する。

腕はズタズタだ。

それでもテリーファンク選手は攻撃を耐えに耐えて、鬼神の如き表情でブッチャーに対してサウスポーのナックルパンチを見舞う。

これに日本中のプロレスファンが狂喜した。

私もその一人だった(笑)

他にも割れたビール瓶をテリー選手の胸に突き刺したらしい。

ここまで来るとプロレスの枠を超えてしまう。

 

それでも何故か憎めない面もあった。

顔も可愛らしいせいか日本人のハートを掴んだようだ。

最近、このブッチャーも久々に姿を見せた。

 

 

車椅子ではあるが紛れもなくブッチャーだ。

 

 

又徳光サンの激励を受けた。

徳サンも嬉しそうだ。

御年78歳。

長生きを願いたい。

 

話をデストロイヤー選手に戻そう。

最初は来日を嫌がっていたらしい。

理由は、真珠湾攻撃を実行した日本人は許せんと云う訳だ。

正義感が強く人格者のデストロイヤーらしい。

渋々一回きりのつもりで来日…。

ところがである。

来日してみると日本人は野蛮どころか誠実で人情味があり、自分の考えは間違っていたと悟ったらしい。

生来の温厚で真面目なお人柄が日本人の心に自然と溶け込んでいったのでは無かろうか。

 

大変な愛妻家でもあった。

マスクは奥様のお手製で女性のガードルを使用している事も初めて知った。

最後は家族に見守られて眠るように…。

88歳。

長命の部類かも知れんが、昭和が又ひとつ遠ざかってしまった。

しかし、何やかや云っても1人の偉大な白覆面の魔王が私らの前に存在してくれた事の方が感慨深い。

 

 

これがデストロイヤー氏の素顔である。

実にイイ顔をしておられる。

誰からも愛された人格者。

だからこそ私らの胸に灯をともしてくれたのだろう。

実に悲しい。

しかし、何やかや云っても、人間最後は結局お人柄なのかも知れんと改めて思う。

実に人間的魅力満載の人だったと思う…。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ