成人の日に思う | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、イイね連打、コメに感謝致します。

 

前回の5周年の記事にも沢山のイイねとコメを頂き心より感謝申し上げます。

 

正月休み明けの3連休が終わり、お陰様でお見合いラッシュ。

沢山のご縁が生まれております事が何より嬉しいです。

 

そんな中、14日にお見合いで岐阜駅近辺に出掛けたら、近くのホテルの駐車場にこのバスを発見…。

 

 

プロレスファンならすぐに分かりましょうが、新日本プロレスのバスに遭遇…。

人だかりも出来ていたので、通りがかった私も足を止めて見入ってしまった(笑)

そして撮影。

それを見ていたどこかのアンチャンとオッサンに話しかけられてしまう(笑)

「ココに誰々と誰々が泊まっているのでしょうかね(・・?」

私「そうやないでしょうか(笑)」

おかしなモノで同じプロレスファンは何故かすぐに意気投合してしまう。

もっと話したかったが、私には仕事がある(笑)

当然選手は見る事が出来なかった。

見ず知らずのアンチャンとオッサンに挨拶をして現場を後にしたが、束の間のラッキーな出来事だった。

調べたら案の定14日の夕方に岐阜での巡業で試合があるみたいだ。

猪木サン、馬場サンの全盛期や、大好きな三沢選手がいた時代はよく観戦に行ったが最近はご無沙汰だ。

しかし、バスを見たら血が騒ぐ(笑)

又観に行きたいモノだ。

 

話は変わり、昨日は成人式。

昭和人間の私にとっては、成人式は未だに1月15日の感覚なのだ(笑)

今から34年前の私も成人式には行った。

成人式の記憶は微かにある。

貧乏家庭ながら親がスーツを揃えてくれた。

当時は背広と云った(笑)

親には感謝している。

情景としてはこんな感じであろうか。

 

 

セピア色の懐かしい昭和の情景。

 

当然、変な髪形をしたり、暴れる連中は居なかったと記憶している。

 

いつからだろうか。

 

 

変な髪形をして暴れたり暴言を吐いたり、意味の無い事でオトナに噛み付いたり…。

 

校内暴力で教師に向かっていく生徒にも似た感覚を覚える。

要するに甘えである。

教師は自分に手を出さない…。

この前提があるから教師に向かっていく。

イジメるにしても弱い相手を狙う。

平たく云えば陰湿ですな。

こう云うのを「卑怯」と云うわけです。

だからイジメもエスカレートしてしまうのと違いますか。

困った状況です。

昔もイジメは有りましたが、陰湿では無かった。

要は「加減」を分かっていたし、止める人間も居た。

追い込み過ぎる事も無かったし、弱きを助け強きをくじく「番長」なる存在も多かった。

現代のイジメの闇は深いですな。

 

話は成人式に戻るが、仮に変な髪形をしようが、変な服を着ようが「マナー」が守れていれば問題ないように思う。

 

このように式のさなかは温和しくしておれば良いだけの話なのだが…。

 

成人式は確かに嬉しい有り難い儀式なのだが、自分の心も考え方もオトナにならねばならない。

 

・20年生きられた事

・親に感謝する事

・最低限のマナーは身に付ける事

 

これらの事を思えてこそ大人の第一歩が始まるのだと私は思う。

決して成人式は暴言を吐く場でも無ければ暴動を起こす場所でもない。

何故にこうなってしまったのか。

平和ボケ過ぎるのだろうか。

戦記などを読むと、昭和20年頃の二十歳と云えば、明日の命も分からない状況だったと訊く。

自分の飛行機に爆弾を積み、敵の艦船に突っ込んで命を散らした偉大なる先人がこの状況を聞いたら何を思おうか。

…恥じない生き方をしたいモノだ。

 

オッサンのボヤキである(笑)

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス