凧の話からの飛躍話 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

あたたかい12月ですが異常ですな(笑)

こんな時こそ体調管理をしっかり願います。

 

お陰様でネコの手も借りたいぐらいの多忙な毎日です。

読者の皆様にも感謝しかありません。

 

今日は久々にユルイい話あれこれにお付き合い下さい。

 

もうすぐ正月…。

私の中では正月と云えば凧…であるが、気のせいかも知れんが、最近凧あげをしとる少年を見掛けなくなった。

私らのガキの頃は今のようにゲームも無かったから、もっぱら外で遊ぶか凧あげであった。

こんな感じの凧ばかりだった。

 

 

 

もう50年ぐらい前の話だが、このような奴凧から、その後のコレの登場は一世を風靡したように思う。

 

 

こんなに当時は色は無かったように思うのだがあったのだろうか。

懐かしいセピア色の思い出である。

 

しかしながら、私の中では「凧」と云えば今も真っ先にこの人を思い出す(笑)

 

 

そうなのだ。

白影である。

恐らく45歳以下の読者様は知らないと思うが、当時大人気だった忍者番組である。

 

颯爽と凧に乗り現れ、ピンチに陥った主人公の赤影を救う。

 

 

「赤影殿~~~!!!」

 

「おー!!白影!助かったぞ!」

 

こんな場面が大好きだった事を思い出す。

 

牧冬吉サン…脇役ながら、主人公の赤影を食ってしまうような絶大な存在感があって大好きだったのだ。

赤影より年齢は上だったが、主役の赤影を立てる…話す時も赤影には敬語だった記憶がある。

「やさしいオジサン♪白い影~♪」

こんな歌も流れた。

当時38歳ぐらいだったらしいが、実に貫禄がある。

 

云うまでも無く赤影はこちら…。

 

 

坂口祐三郎サンである。

実にカッコイイ。

スーパーマンの赤影であったが、実は泳ぎが苦手だったらしく、泳ぎの場面では泳ぎが得意な白影の牧サンがカモフラージュしていたらしい。

素顔がコチラ。

 

 

正統派の男前である。

61歳の若さで鬼籍に入られてしまった。

実に残念だ。

 

 

まだ忘れてはならん存在が居る(笑)

 

 

青影である。

少年忍者でよくドジを踏んではいたが、愛嬌タップリ…万人に愛された。

月日は流れて、今も健在なのは青影の金子吉延サンだけであるが、最近のフォトがコチラ。

 

 

あのポーズもろとも健在だ。

いやはや実に嬉しい。

月日は残酷でもあるが(笑)、面影に嬉しさを感じる。

いつまでも元気でいて欲しい。

 

さらに忘れてはならんのが、敵の卍党の甲賀幻妖斉だ。

 

 

演じたのは、天津敏サン。

悪役専門のコワモテ俳優だが、素顔は全く別人らしい。

温厚で怒った所など誰も見た事は無く、皆に愛されるやさしい人だったらしい。

えてしてコワモテの人にはこう云った素顔があるから興味深い。

 

しかし、やはり、この番組は三人が揃わなくてはいけない。

この3人の見事な個性とコラボレーションが人気の秘密だったように思うのだ。

 

 

実にカッコイイ。

 

飛騨の忍者なので、飛騨地方に行けばこんなスナックも有るらしい。

 

 

ナイスですね(笑)

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス