喪中ハガキと命について | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

 

おかげ様で新規の婚活希望男女のお問い合わせと面談が途切れる事がございません。

実に有り難い事です。

まさにネコの手も借りたい忙しさですが、実に贅沢な悩みですね。

誠心誠意のご縁繋ぎを続けるだけです。

 

最近、読者の皆様方のブログの中にも訃報を目にする事がある。

そんな中、先日立て続けに喪中ハガキを頂いた。

見てみると二名ともうちの自慢の卒業生。

特に私の思い入れのあるNサンとIサンである。

すぐに二名に私からの返信をメールで飛ばしてみた。

ところが…。

すぐにエラーで返信出来なかった。

ナント、二名とも以前のアドレスを変えられたらしい。

さて困った。

恐らくであるが、二名ともこのブログは読んで頂いている筈だ。

この場を借りて書いてみたい。

 

心からお悔やみ申し上げます。

訃報をお聞きして送らせて頂く言葉もございません。

気を落とされておられる事でしょう。

人生の儚さについても考えられておられるかも知れません。

このような場面に多く直面する事になる40代50代…。

実にやり切れませんね。

悲しい事ですが、誰もが直面する人生における試練。

早く立ち直って欲しいですが、云うは易し…なかなか時間薬しかありません。

夫婦仲の良い事が抜きん出ているお二人。

これこそかけがえの無い事です。

お互いが心の拠り所となり、少しづつ心の傷を癒して頂けるのを願うばかりです。

重ねてお悔やみ申し上げます。

 

…これがお二人に送らせて頂いてエラーになった文面である。

 

私事で申し訳ないが、3年前の10月母を見送る事となった。

青天の霹靂とはこの事だ。

正直未だに引きずっているのは確かだ。

今もって時間薬は効かない。

さらに今日は母の誕生日なのだ。

何か不思議なモノを感じずにいられない。

不肖のバカ息子の私を最後まで心配してくれ見放さず叱ってくれた…。

昨日の事のように思い出す。

当時は苦々しい思いしか無かった。

しかし、思い出すと時折涙も出てくる事も有る。

今思えば感謝しか無いのは当然だ。

恥じない生き方をして返すしかない。

 

 

このように心の準備も出来ないままに、突然の別れに襲われると今更ながら気付く事がある。

 

それは、「命や人の心」に対しては、決して油断してはならん…と云う事である。

 

少し気を緩めると簡単に壊れるし、消えてしまう。

 

親はいつまでも元気だとか死ぬ筈など無いと勝手に思い込んでいるから、何かにつけて色んな事を「今度」で良いと先送りにしたりもしてしまうが、今の命には今しか向き合えない事を学んだ。

命に対して、思いあがってはならん…と云う事に尽きますな。

 

こんな事を書きながら、ある本で読んだこの言葉を思い出す。

 

「親が生きているうちに孝行しろ…と云うがそれは違う。

孝行は親が生きているうちにしたんでは遅い。

親が「元気なうち」にするのが真の親孝行だ。

孝行したいなら、是非親が元気なうちにしてあげて欲しい」

 

…私は唸った。

実に云い得て妙である。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス