見直したい会話術 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

 

今年もわずかになってきました。

婚活男女においては、毎年のプロポーズには絶好の機会…クリスマスが近付いております。

今年はどんなドラマが待っているのか。

実に愉しみです。

 

さて、云うまでも無いが、ケイタイの出現により私らの生活は格段に便利になってきたのは誰もが認める所だろう。

私は仕事柄よく電車を利用するのだが、私らの若い時代にはほとんど電車の中と云えば「読書タイム」であったのだが、今はめっきり違ってきた。

読書などしている人を探すのさえムズカシイ(笑)

 

そうなのだ。

ケイタイばかりいじっている人が圧倒的に多い。

メールやらLINEに興じている人もいるであろうし、ゲームやら音楽に夢中の人もいるかも知らん。

これでは「生の会話」が苦手な人が多いのも納得だ。

ツワモノになると、双方が近くに居ながら「ケイタイで会話する」奇妙な術さえ身に付けている。

何かがオカシイと思うのは私だけだろうか。

あとは、相手に文章を送ったが、返信が無いと不安になりぼやく人もいる。

そんなヒマがあったら電話一発しかないのでは無かろうか。

自分からすればよいだけの話なのだが、臆病風に支配されている様子である。

 

「会話」は文字通り、「会って話す」モノだ。

目の前にいる相手と表情を酌み交わしながら心を割る。

これは、いつの時代でも粋でステキな事だと思う私は時代遅れなのかも知れんが、実に大事な事だと思うのだ。

 

夫婦でも同じだ。

私のような離婚組は、会話がとても大事なのは身に染みて分かっている(笑)

 

「思いやりの言葉」

「あたたかい言葉」

「感謝の言葉」

 

これらの崇高な言葉は、おかしな経済力より余程大事だと私は思っている。

 

これらの言葉を、心から相手の身になって放って欲しい。

いや、ゆっくりと心を込めて投げかけて欲しい。

 

そうお互いが日頃から心得る事によって、離婚は随分回避出来るかと思うのだ(笑)

 

せっかく言葉を持ちうる人間に生まれたわけだ。

だからこそ、これを有効利用しない手は無い。

ホントに言葉はムズカシイ。

毒にも薬にもなり得るし、たったひとつの言葉で明暗も分かれる場合すらあるからコワい。

「この人に一生付いていこう」とも思う事も有ろう。

しかし、一方で、

「こんな人には愛想が尽きた。すぐ離婚したい」

ともなり得るのもコワい所だ。

 

 

だからこそ、会話は大事にしなければならない。

会話と云うのは、コミュニケーションの基本である。

かつ、最も有効な手段だと私は思う。

話す中で見えてくる事は沢山有るし、親しい相手とは、しょーもない話をしていてもとても愉しいモノだ。

 

だからこそ、大事な相手とは直接会話した方が良いのは当たり前だ。

メールやらLINEで済ますのは、大事でないやり取りの場合にするのが賢明だ。

 

もうすぐ、私ども婚活の世界での一大イベント、クリスマスのプロポーズ時期に向かう。

 

少しでも多くのカップルが誕生するべく、「心を込めた言葉を用いたプロポーズ」を実行して欲しいと願うばかりである。

 

やはり、いつの時代も「心を込めた生の言葉」は相手の心を打つのである。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス