結婚生活の知恵 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

寒暖の差が大きくなっております。

くれぐれも体調管理に注意願います。

 

前回、離婚経験者について書かせて頂きました。

なので、今日は結婚生活について書いてみたい。

一時期ほどでは無いが、結婚はゴールだと未だに云われる。

違うのだ(笑)

スタートなのである。

これをはき違えると二人の走るレールが湾曲してしまう。

片方(特にダンナ)が経済的に裕福だと意外にツラい面もある所が厄介な部分であろうか。

時代遅れも甚だしいが、要は妻を自分が食わせてやっていると思うばかりかそれをクチにする亭主も未だに生息するのだ。

これに耐えうる辛抱強い妻なら良いが、なかなか最近はこんな妻は少ない。

 

 

私は決して貧乏を肯定しないが、貧乏の向こうには大事な事が隠されているのだ。

そうなのだ。

 

二人で目標を作り、夢を見ながら二人で頑張って努力していく。

 

これが実に大事な事だと私は思う。

貧乏はツラいかも知れんが、実に大事な事を教えてくれる。

忍耐、努力、夢見る事…。

恐らく賢い人ならお分かりかと思う。

ましてや、最初が裕福から始まると、その後は大概現状維持か堕ちていく事となるのが相場だ。

こうなった時にはこのテの夫婦は脆いように思う。

貧乏の場合はどうか。

要するに堕ちようが無いから、二人で努力さえすればあとは上がるだけなのだ(笑)

この違いは実に大きい。

小さな努力や助け合い、いたわり合いこのような事が生まれるから、それが夫婦の絆に繋がっていくのだ。

だからこそ、結婚は若いうちが良い。

年を拾えば拾うほど邪念が増えていくのである(笑)

何も裕福な人を選ぶなと云っているのでは無い。

 

裕福な人が仮に破産したりプータローにでもなった時に、支える覚悟があるのかと云っているのだ。

 

これが、オトナの女性の器量であろう。

そこまで見据えて選ぶなら、その結婚は彩あるモノになる可能性はある。

覚悟と努力が必要なのも結婚の妙味であろう。

あくまでも男目線の意見なのは分かっている。

男だって同じだ。

 

自分を選んでくれた相手には愛情を忘れてはならない。

 

私の好きな某ツルッパゲの男性実力派シンガーソングライターも云っていた。

 

裕福と幸福は違うのだ。

 

最後に、結婚生活のコツと云うべきモノを書いてみたい。

 

・相手をいたわり、感謝と思いやりの気持ちを持つ。

・思うだけでもいけない。「あたたかい言葉」を相手に伝える。

・グチや他人の悪口はなるべく云わないようにする。

それらの言葉からは何も生まれないし、生き甲斐が痩せ細ってしまう。

・夢や目標を語り合えない夫婦は寂しい。目標を持つ事。

・時には軌道修正の出来る夫婦こそが知的である。

・ユーモア精神も忘れないようにする。些細な事で笑い合える。実はこれこそ幸せな事なのだ。

 

 

このあたりがシッカリ出来てくれば、幸せ夫婦が増えるように思うのである。

世の中に幸せ夫婦が増える事を願ってやみません。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス