偉大な女性の奥深い言葉 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

 

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

 

今年も夏が逝った…。

と共に、先日名女優が鬼籍に入られてしまった。

云うまでも無く、樹木希林御大である。

 

今日はこの方の事を書きたかったのだが、先月末の31日、うちの相互読者である十川千惠美サン、(ムズカシイ字なのですね。危うく千恵美サンと書いてしまう所でした)が、いち早く希林御大の名言を取り上げられておられ、紹介されておられました。

 

私はその言葉の数々に感動して、コメまで入れさせて頂いた次第であるが、今日はその記事をリブログさせて頂き、偉大な故人を偲びたいと思います。

 

その前に、私如きがおこがましいが、十川サンについて紹介させて頂きたいです。

優秀なうちの読者様の中でも、特に尊敬出来る魅力的な人なのは云うまでも無いが、名古屋でカウンセリングルームを経営されておられ、一言では云い表せないが、「波乱万丈な人」かと思う。

今まで歩んでこられた人生は、実に壮絶と云って良いだろう。

だからこそ他人の痛みに敏感な人であるし、思いやりの心を特に大事にしておられる。

最近の言葉で云えば「ハンパ無い」人だ。

私の人生も決して平坦では無かったと自負しているが、世の中は広い。

この人の前では「赤子レベル」だと思う。

幼い頃の両親の離婚、自身の離婚、働きずめの状況、自身の病…生きるか死ぬかの状況を経験されておられる様子などなど…。

普通の人なら恐らく精神的に支障をきたしてしまうだろう。

その上で、常に前向きに明るく人生に向き合っておられる気がする。

この「強さ」なるモノが、私の中で希林御大と見事に重なるのだ。

ブログもスゴイ。

毎日更新。

それも薄っぺらな内容では無い。

ナニカ…を感じさせる感動的な内容が多いし文章も巧い。

読者数も凄いし、さらにコメも殺到する。

その上に誠心誠意のコメ返をされる。

人気記事なのは当たり前だと云えようか。

今回のリブログにしても、御丁寧に快諾を頂いた。

この場を借りて心より感謝申し上げます。

波乱万丈な経験をされた上で、思いやりに溢れたお人柄を継続されておられる事はこの人の「強さ」なのであろう。

遠い目標にさせて頂きたい実に偉大で人間的魅力タップリなブロガー様だ。


 

蒸留酒か熟成ワインのような深みのある言葉が並ぶ。

私が希林御大を初めて知ったのは、ガキの頃に見たあのドラマ。

 

「ジュリー!!」

 

と身もだえするあのシーンである(笑)

実にナイスだった。

まだ若かったのに、子供心で本当のお婆さんかと思っていたのだから不思議だ。

その後、世間的には「とんでもないオッサン」と結婚する。

いい歳して、年がら年中口癖は「ロックンロール」(笑)、暴力、浮気、本能のままに行動する…書いていて微苦笑してしまうが、当然こんな相手と結婚すればラクな筈は無い(笑)

毎日がジェットコースターに乗っておるようなモノとでも表現したら適切なのだろうか…。

子供がそのまんま大きくなったようなオッサン(ジイサン)との結婚は彼女を大きく成長させて「忍耐」をも同時に植え付けたのでは無かろうか。

そうでなければ、あの深みのある言葉は生まれないように思う。

仕事にしても、全てご自分で段取りされておられたようだ。

実にアタマが下がる。

 

一粒種の娘サンが、あんな良い婿サンと結ばれたのも、この偉大な母上様が影響しているのではと思うのは私だけだろうか。

 

どちらかと云えば、地味な女優さんではあったように思うのだが、あの存在感と風格、個性は際立っていたように思う。

決して目立とうとはしないが、控えめで実に謙虚、私はそこに凄味を垣間見てしまう。

 

晩年の方がさらに深みが出て、仰る言葉は観音様レベルとでも云えようか。

人間クサくもあり、頑固でもあり、特に「強さ」は際立っていたと思うのだ。

 

言葉全てに重みが有るのだが、私はこの言葉が特に好きだ。

 

私は「なんで夫と別れないの」
よく聞かれますが、
私にとってはありがたい存在です
 
ありがたいというのは
漢字で書くと「有難い」
難が有る、と書きます
 
人がなぜ生まれたかと言えば
いろんな難を受けながら
成熟していくためなんじゃ
ないでしょうか

 

 

我慢と信念と「夫婦のあり方」を深い部分で教えてくれる言葉だ。

ちょっとした事で肚を立てたり、辛抱が続かない時には思い出して欲しい言葉かと思う。

どちらか一方ではダメだ。

夫婦共がこの言葉を心に刻んでいれば、少しは離婚は減るのでは無かろうか(笑)

決して火中の栗を拾うような結婚はするべきでは無いが、ある程度の忍耐と覚悟も必要なのが結婚だ。

私自身も猛省せねばならないように思う。

 

結婚もそうだし、家庭を築く事だって決してラクでは無い。

この偉大なる女性の言葉から学ぶべきモノは実に多いと云わねばならないように思う。

 

又ひとつ昭和の灯が消えてしまった。

 

御大のお言葉に恥じない生き方をしたいモノだ。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス