届かなかった恋文(遺書) | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

 

いつも読んで頂いてありがとうございますカラオケ

 

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

ほんの僅か熱射から解放された日々になっていると感じます。

 

つい先日、朝刊の一面に記載された手紙に心を動かされたので、今日のブログはこちらを書かせて下さい。

読者の皆様にはお詫び申し上げます。

 

※新聞より

 

太平洋戦争の激戦地、ガダルカナル島の戦闘に参加した兵士が、妻とみられる女性に充てた手紙が、米国立公文書館で見つかった。

軍当局の検閲を受ける前の段階の遺書とみられ、総攻撃で戦死を覚悟し「私の一生の真心が只1つの贈り物です」と淡々と記している。

76年前の筆跡が、戦争のつらさや悲しさを今に伝えている。

 

手紙の内容はこうだ。

 

9月3日 ソロモン群島

 

ガダルカナル島に於いて記す

 

重大なる作戦に参加いたし 男子として無上の喜びを感じます

 

連日敵機の攻撃又激烈です

 

決戦が迫りました

 

散りゆく身の一筆残します

 

生前の厚情 有り難く思います

 

何ひとつ出来ず残念ですが 私の一生の真心が 只ひとつの贈り物です

 

弱い君です

 

御身(おんみ)御大切に 強く生きて下さい

 

私の言葉を忘れず 一本立ちになって一日も早く女としての生活へ入られるよう 私は君の身を護ります

 

私の戦死に 万歳の一声を叫んでやって下さい

 

君の今後の生活が 私を生かしてくれるのです

 

立派に生き抜いて下さい

 

御多幸を祈ります

 

千代子殿                         久男

 

 

※写真は無関係です

 

…如何でしょうか。

当然原文の手紙も見て読ませて頂いた。

句読点の一切無い黄ばんだ縦書きの便箋から伝わる「途轍もない真心」が私の心を打った。

決してムズカシイ表現を用いず、短い手紙の中で自分の心からの言葉を綴る。

だからこそ、相手の心に深く刻まれるのでは無かろうか。

ところが…だ。

この手紙が、奥方に届かなかったようだ。

当時は手紙ひとつでも、「検閲」と云う検問があった。

専門家の話では、この手紙は検閲を受ける前の手紙のようだ。

検閲を意識すれば、どうしても「お国の為…」「天皇陛下の為…」と大義名分に触れてしかるべきだが、一切書かれていない。

この手紙は戦闘後に米軍が回収したらしいが、その経緯は不明との事。

 

極限の状況で書かれたモノなのは間違いない。

つい70数年前にこんな時代もあった…と云ってしまえばそれまでであろう。

だから戦争はけしからん!

…こんな浅薄な事も私はこの場で述べるつもりも無い。

 

前回の記事で、梯久美子先生を紹介させて頂いたが、先生の著書の中でも、この時代の戦地から妻に充てたラブレター…いや恋文と云うべきモノは多数あったようである。

どれも心を打つモノばかりだ。

 

今回の、この久男御大の恋文(遺書)を読んで、それらを思い出した次第である。

今回の手紙の中で、特に心打たれたのはこの箇所だ。

 

何ひとつ出来ず残念ですが 私の一生の真心が 只ひとつの贈り物です

君の今後の生活が 私を生かしてくれるのです

 

高貴な魂を持った人とはこのような人なのだろう。

私は奥方の千代子さんを羨ましく同時に誇りに思う。

きっと幸せな日々を過ごされたのでは無かろうか。

ひょっとしたらばご存命かも知れぬ。

もしもそうならば、実に遅すぎると云う他無いが、この手紙を読んで欲しいと願わずにはいられない。

 

私達は、平和に感謝しながら、義理と人情は大事にして、ご縁にも感謝して、自分の周りの人を大事にし、他人にはやさしい気持ちで接する事を忘れないようにしたい。

 

婚活男女にも云いたい(笑)

もしも好きな人、かけがえの無い人が出来たら…ひたすら大事にしてあげて頂きたい。

小さな事ばかりを気にしていたら、間違いなくご縁は遠のきます。

幸せは相手に求めるモノではなく、自分が与えるぐらいの気持ちを持てば幸せには近付くように思えてならない。

その気持ちを双方が持った時点で初めて「結婚」と云う舞台の入り口に立てるように思います。

 

戦争と云うモノが有り、若き命を散らせていった高貴な先人から学ぶべき事は実に多いと云わねばならないように思う。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス