ラーメンについて考える | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

 

いつも読んで頂いてありがとうございますカラオケ

 

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

殺人並みの猛暑が続いております。

読者の皆様におかれましては、くれぐれも御注意願います。

 

今日は久々に婚活のエグイ話にお付き合い下さい。

タイトルと繋がらんかも知れませんが、読んで頂ければ最後には繋がるかと思います(笑)

 

先日、私が秘かに尊敬する読者様である、某関西の同業者の結婚相談所様の記事に、初デートにおけるラーメンは有りか無しか…の記事が出た。

結論から云うが、私の意見は「無し」である。

決してラーメンを見下しているわけでもなく、バカにしているわけでもない。

むしろ、ラーメン応援派である。

しかし、お見合いでの交際では危険度が否定出来ないのだ。

理由は色々。

・女側からセコいと思われる。

・女側から安い女に思われたとの不満が出る。

・雰囲気に欠ける。

他にもあるが、大まかに云うとこんな所だろう。

 

男はえてしてラーメンが好きなのに対して、女はそれほどではない事が多いのだ。

中にはドン引きする女子も居る。

一方、交際中の女の前で100円か200円安くなるクーポンを使ってフラれた男子も居た。

ブロン〇ビリーに連れて行ってフラれた人まで居た。

気の毒と云う他無いが、私を安く見るなと云う訳だ。

「オノレハイッタイナニサマダ!」

こう云ってやりたい所だが、よその相談所の女子なのでそうもいかん(笑)

男性も勿論悪気は一切なく、それなりの店を知らない悲劇とでも云えようか。

うちも婚活男女が沢山居るので、こんな話は掃いて捨てるほど有る。

 

要するに、女性はいつまでたっても夢が見たいのである。

 

せめて交際中ぐらいは男の懐の大きさを見せて夢を見させてあげて欲しい。

 

50歳以上の中高年女性にしても同じ。

安いモノで済ましたいオッサンの気持ちも分からんでは無いが、これでは女心は掴めない。

 

しかし、私はうちの男性の皆様にはこうも云っている。

 

ラーメンでもイイよと云わせたら合格。

 

どういう事かと云うと、女性からこの言葉が出るのは、その男性に好意を持っている証拠だからなのだ。

この言葉が出るまでに懸命な努力を続けた事だろう。

洒落た店や美味しい店に連れて行って必死に好意を伝えたハズだ。

その努力の賜物がこの言葉に化けたと云って良い。

こうなれば、結婚もそんなに遠くない筈だ。

 

ココで男性諸氏に、その女性の貴方への好意度がある程度分かる方法を伝授したい。

最初は奮発して相手に豪華なフルコース料理を御馳走する。

イタイ出費かも知れんが我慢(笑)

当然女性も歓ぶかと思う。

次に今度は800円のトン汁定食にする。

ココで相手の反応を考察する。

「こんな安い料理を食べさせて…」

こんな感じでのたまう女は結婚相手としては考えた方がイイ。

恐らくブランド志向の贅沢な女であろう。

一方こんな反応もある。

「トン汁って美味いんやね」と素直に云う女。

これはポイント高い。

要は打算が無いわけです。

さらに、

「アナタと食べるなら何を食べても美味しいわ」

こう云ってくれたら大したモノ。

一生大事にしてあげて下さい…位しか云う事は無い(笑)

 

要は、好意を持っている相手なら、何を食べても美味しい筈だから、つべこべ注文の多いメンドクサイ相手は避けた方が無難だと私は思うだけの話である。

 

ゲテモノ以外は何でも「美味しいね」と云い合えて、自然体でいられる相手こそ宝なのだ。

 

気持ちよく「オイシイ」が云える女性はポイント高いかと思う。

こんな女性を見つけて欲しいモノだ。

 

話は戻りラーメン(爆)

 

私が好きなのがコレ。

 

 

私の幼少の頃から有ります。

発売50年位のロングセラー商品だと聞く。

パッケージもほとんど変わらんのも良い。

1人暮らしを始めたばかりの貧乏な頃によく世話になった。

コメも買うカネも無かったので、コレがほとんど主食だったと云えよう。

今は亡きオフクロが1人暮らしを心配して買ってくれた炊飯器を使わん不義理に手を合わせながら食べていたモノだ…。

当然ビンボウであるから野菜などは無いし、イイトコ卵一個ぐらいが関の山。

今でも時々夜中に世話になる。

当然ながら具などは無いが何故かウマいのである(笑)

同時にあの貧乏な時の懐かしさもフラッシュバックする。

ラーメン店には失礼だが、ヘタなラーメン店のよりも美味い。

 

けれど、どちらかと云えば若い頃はクドイ味が好きだった。

要は「コッテリ味」だ。

しかし、年齢と共に「アッサリ」に好みが変わった。

旅先などで食べる事も有る。

そんな時は王道の醤油味だ。

 

 

しかも具がゴチャゴチャ入らずシンプルなのがイイ。

チャーシューは二枚ぐらい。

あとはメンマとネギとナルトぐらいで良い。

このナルトが不思議と絶妙の妙味を醸し出すから好きだ。

海苔はどちらでも…。

敢えて云えば飛騨の「高山ラーメン」が今の自分の理想のラーメンかと思う。

 

話が逸れたが、屋台のラーメンなども風情があって良いモノだ。

 

モノを食べる、頂く時は感謝の気持ちを込めて美味しく頂きたいモノだ。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

 

婚活風来坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス