ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

愛知県一宮市 結婚相談 婚活 Harvest のブログです


テーマ:

 

 

いつも読んで頂いてありがとうございますカラオケ

 

 

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

恒例の週末。

お陰様で相変わらずのお見合いラッシュです。

地道にコツコツとご縁を繋げます。

 

今日は久々のちょっといい話…。

 

ずいぶん前の事、或る本で読んだ話です。

 

昭和の時代、とあるガード下で、義足の占い師が居た。

この人は戦傷者であった。

昼間は身体のせいもあり、重労働が出来ず、パチンコの玉磨きなどで生計を立てていたらしい。

黙々と穏やかな風貌は、仙人のようであったらしい。

そして、この人は、戦前易学を学んでいたと云い、いつもお守りのように手垢にまみれた筮竹(ぜいちく)と算木を持っていた。

 

この人は、ホームレスや下層労働の人々を中心にボランティア活動として占いをしていたと云う。

答えは総じて明るく、皆に希望を与えるモノだった。

例えばこんな調子…。

 

「もう一年頑張れば、必ず幸運が巡ってくる」

 

「病気は自分で治せるモノが半分、あとは病院に行った方が良い。

もう半年もすれば、生きる事が楽しくなってくるであろう」

 

「アナタの事を心配しておる人が居る。

その人にハガキの一枚でも出してあげなさい。

幸運が巡ってくるでしょう」

 

…と云ったモノだった。

この人の言葉を聞きたくて人々は集まった。

昼間の疲れを見せず、短い言葉で人々を勇気付けたとか…。

ある人が訊く…。

 

「無料でやっているのですか❔」

 

この占い師は白い顎髭の口許を緩ませて云った…。

 

「占い…と云いますからね(笑)

つまり、売ラナイですよ」

 

このオヤジギャグっぽい慈愛こそ、人間臭くて実にイイ。

 

ココから続きがあるのだが、この占い師が嫌がらせに遭っているらしかった。

 

「あの占いのジイサマが、半年したら幸運が巡るとの事だったが、全くの出鱈目…。イカサマの占い師に違いない」

 

そう面と向かって毒づく相手も少なからず居たらしい。

昭和の時代にもいつの時代にも、このテの輩は居るようだ。

ある日、この占い師に目の前で啖呵を切る。

すると、この御大は動じず言い放つ…。

 

「私は夢を持って努力して欲しいと願いながら云っているわけで、努力もせず幸運を待つなどと虫のイイ話が有る訳は無い。

そんな人には永遠に運は巡らない」

 

実に重い言葉であろう。

やはり、毎日生きるか死ぬかの極限状態での戦火をくぐり抜けた人の言葉は重いと言わざるを得ない。

さらに、慈愛に満ちていながらも、実に虫のイイ事をのたまう相手には諫める事も忘れない。

私も占いは決して嫌いでは無い。

しかしながら、あまりにも頼り切るのは愚の骨頂だ。

そんな事をするなら、自分の心に弱さに裸で向き合った方が数倍イイ。

 

古き良き昭和の原風景に、実に人間臭い粋なウラナイ師が居たのは事実のようだ。

 

現代はこんなボランティアの占い師さんは少ないだろうが、夢を与えてくれる占い師さんは貴重である。

うちの読者様にも夢を与えてくれる占い師さんは多い。

こんな人達を心から応援したいモノである。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

婚活風来坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。