こんにちは。

2018年度の科目修了試験が始まりました。

 

さて、今回、私は…

この春で17教科を受けようと無謀な挑戦をしています。

追試覚悟ですけどねえへっっエヘヘ

あわよくば夏休みは遊びたいみたいな。

 

で、前半戦。

こんな感じでしたひゃ~・・・

 

【テキスト科目】

・民法2016  

 キョロキョロ全41問。

 見覚えのある問題(内容)がそこそこあったから、

 添削課題ちゃんとやっとけば…って感じかな。

 とはいえ、ほとんどググる+ちっちゃい教科書の索引利用。

 法律が好きな人とかは楽勝かも?

 っていうか、行政書士の試験がこの程度だったらいいのに…

 っていっても…

 行政書士の試験の難易度わかんないんですけどね。

 

・精神医学2017  

 ガーン全40問。

 添削課題と過去問から出てるのかな?

 問題が内容も重複してるのもあったような…

 まあ、どちらにしても不合格確定でしょう。

 

・精神保健福祉相談援助の基盤2015 

 口笛全42問。

 問題数多め。

 多いからあせったけども、

 添削課題メインかな。解説も含めて。

 だから、そこそこいけたとおもう!(笑)

 

・精神保健福祉に関する制度とサービス2018

 ガーン全33問…だったかな。

 ↓に比べて2択は少なかったけどさ…

 なんか難しい。てか、私には難易度高すぎる!

 添削課題から出てたけど、あの問題この問題ごっちゃまぜ。

 追試確定ですな。

 

・精神障害者の生活支援システム2018
 ガーン全35問。

 添削課題からが多かったんだろうけど、
 2択多いし…  なんか複雑。
 追試確定!

 なのにプリスク間に合わなかったショボーン


【オンデマンド科目】  

・就労支援サービス  

 びっくり全40問。

 添削課題とテキストじゃぜんぜん足らない内容に笑えたぶは

 過去問の事例はみておいたほうがいいですね。

 公益財団法人のHPに掲載されている過去問だけじゃ微妙に

 足らない。

 「ググって何とかなった」と信じたい。

 

・福祉行財政と福祉計画 

 ニコニコ全35問。

 主に添削課題。ってか、全部添削課題のような気がした。

 文章そのままってわけじゃなかったけど。

 さすがにこれは合格したでしょう💛

 

 

こんだけ受けたのに…2科目しか手ごたえない。

さてと、来週用の勉強しよう…あちゃー

 

【テキスト科目】

労働法2017  

精神保健学2018 

精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ

精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ


【オンデマンド科目】  

医学概論 

福祉経営論  

保健医療サービス 

権利擁護と成年後見 

更生保護 

発達精神病理学

 

残すは上記の10科目。

 

 

がんばるぞ!٩( 'ω' )وおー!