いくつもの「月がまわってくる」~自閉症・発達障害支援会社社長のブログ~

障害支援グッズ&サービスの小さな会社法人 株式会社 おめめどう

自閉症支援は。ポジティブシンキンぐ~~~♪(笑)

今年で、13年目ハル社長の丁寧飯と、居心地の良い暮らし

このブログは、旅グルメとおめめどうへのお便りを主に載せていきます。


テーマ:
早速、送ってくださいました。ありがとうございました。

/////////////

*二時間があっという間でした。
 もう少し聞きたいというところで終わるのが、ちょうどいい感じでした。
 また聞きに行きたいです。(保護者)

*今回もたくさんの気づきと学びがありました。
 次回も楽しみにしています。(保護者)

*syunさんのお話しの中で、ダダ君のメール(中略された文)をみて、涙が出そうになりました。
 普段いろんなコトを口グセにする息子がそこにいるようなメールでした。
 頭の中であれだけのことを抱えながら、外からの情報を処理しないといけないのは 難しいと思います。
 「支援者側のスケジュールのこだわり」も気をつけていこうと思います。
 【今日】と【きょうくん】のお話しも、聞かせていただいて良かったです。
 4回目も楽しみにしています。ありがとうございました。(保護者)

*今日もありがとうございました。
 ”本人”のない支援をしているなあ~とつくづく感じ、反省しています。
 今日は支援を見直すよいきっかけとなりました。ありがとうございました。(保護者)

*スケジュールがなぜ必要なのかという訳が、頭の中がいっぱいだからというのが、とても衝撃的でした。
 その他もとても勉強になりました。(保護者)

*本人の意志をきちんと聞けてないな・・・と反省しました。
 問題行動の「根本をつきとめないといけませんね。(保護者)

*子どもに、私から言葉で話し掛けたときは、答えるのにとても時間がかかります。
 紙に書いて聞いたときは、顔の表情もやわらかいまま スッと書いて返事をしてくれる理由が、とてもよくわかりました。
 子どもたちの頭の中には、気になっていることが居座っているのですね。(保護者)

*二回目から参加しています。
 なるほどな~ こういうことか~ と納得できる話しもあり、とても参考になっています。(保護者)

*ふだんをふりかえって、とてもいろいろ考えさせられました。
 なぜ自閉症の人にスケジュールが必要なのかも、よく分かりました。
 次回もぜひ来たいです。どうもありがとうございました。(保護者)

*スケジュールをもう一度見直していきます。
 本人の意志の大切さを再確認しました。(保護者)

*大人の都合で子どもを動かしていることが多いと、反省しています。
 もっと本人の意志を確認して、スケジュールなどの支援をしようと思います。(保護者)

*今日も勉強になりました。ありがとうございました。
 スケジュールのことが、よく分かりました。
 もっと本人のものにできるように、本人の頭の中が【安心・すっきり】するように、していきたいです。
 セミナーの参加者もさらに増えましたね!すばらしいです!(保護者)

*具体的でわかりやすかったです^^ なぜスケジュールがいるのか、理解できました^^(保護者)

*親のこだわりの部分はすごくわかりました。
 子どものゆるーい考えとか、行動に理解しつつも、自分の思い通りに動かしたいという気持ちがはたらいて・・・
 反省しました。(いつもしているんですけどね)(保護者)

*スケジュールに使っているカードなど、本当に分かっているかどうか、確認していきたいと思います。
 言葉でのコミュニケーションをきょくりょくやめて、黙って示して、待ってみること、見える形で本人にきいてみること、
 やっていきたいと思いました。(保護者)

*なぜスケジュールが必要なのか、大西さんの携帯メールの話、自閉症児の頭の中がどういう状態なのか、が
 すごくよくわかりました。(保護者)

*もっとゆっくりとスケジュールの例を見たかったです。あと30分欲しいかんじ。
 ダダ君のメール、頭の中のこと、ふだんの息子の様子と重なりました。
 母として、心大らかに過ごすこと、見守ることの大切さを思いました。
 連続セミナーは、テーマを絞って聞けるのがいいですね。
 思春期のお話も続けてゆっくり聞きたいです。
 次も楽しみにしています。(保護者)

*自閉症の方の頭の中って、忙しいというかなんと言うか、
 色々なものにうもれてしまう前に、やるべきことも外に出しておきたい、
 そのためのスケジュールなのかな、という感想です。
 私らでも、手帳なり何なりの外部記憶装置は使いますので・・・。(保護者・福祉関係)

*昨年度から担当している自閉症の男性がこれまで「言葉で物事を理解している」と思っていましたが、
 最近、実は、言葉での理解はむずかしいのでは?と考えるようになりました。
 そこで、視覚に訴える支援をはじめたところです。
 【視覚支援の具体例や理論(?)もう少し見たかったです。】
 「頭の中の情報量が多すぎる」という話には、思い当たることがありましたので、
 やはり、視覚によるスケジューリングは有効なのだと思いました。(福祉関係)

*グッズに頼るだけでなく、子どもの気持ちを優先させて、気持ちを大切にされていることに、嬉しく思いました。
 (当たり前のことと思いますが・・・)
 勉強になりました。ありがとうございました。(福祉関係)

*話の内容がとても具体的でわかりやすい。 
 現場や親のそぼくな疑問を知れ、良かった。(福祉関係)

*今回のセミナーを通して、自分の関わっている方のスケジュールが、分かっていないと感じた。
 もう一度、本人が理解できるカードを用意することからはじめ、選択活動を試していきたいと思いました。(福祉関係)

*思考回路が混乱しているというメールを見せていただき、スケジュールの必要性が良くわかりました。
 肝に命じます。(福祉関係)

*具体的なお話、また大西氏のスケジュールは必要なものと言うお話、大変役に立ちました。
 思春期の方への支援についても、具体的なお話を伺いたいです。(福祉関係)
 

*現在ヘルパーをしております。本日は、利用者様のお母様と一緒に移動中にセミナーに参加させていただきました。
 知的障害の利用者様に対する色々な事をお話を聞き、もっと勉強しなければと思いました。
 又、セミナーに参加させてもらえることがあれば、参加させていただき、勉強させていただきたく思いました。
 本日はありがとうございました。(福祉関係)

*様々な実例やご経験からのお話、大変参考になりました。ありがとうございました。(福祉関係)

*ありがとうございました。自閉症の方の「頭の中」、見えてよくわかりました。
 書籍等には、かいていないことを知ることができて、よかったです。(教職員)

*今回ダダ君のメールを見せていただき、彼らの思考特性をしっかり把握して、
 支援する側は本当にわかりやすくシンプルなものが大事だということを、改めて痛感しました。
 私も彼らが指示待ちにならず、自立して行動できる力につながるためにも、スケジュールは命綱だと思っています。 
 それから大西氏に紹介していただいた携帯写メは、目からウロコでした。
 外出先で心強いアイテムですね。これも今後活用させてください。 ありがとうございました。(教職員)

*スケジュールの使用について、”有効だから”ではなく”必要だから”と言う内容に納得できました。
 どんなことも、個人に合わせた、本人にとってわかるもの、必要なものを見極める必要があるのかなと思います。
 ありがとうございました。(教職員)

*てんかんの方の話も出ていたのが、もう少し聞いてみたいなと思いました。
 自閉症の方、細かく話していただけたので、わかりやすかったです。(専門職)

*今回は日曜日の開催で(予定の変更により)よかったです。
 第四回の開催も日曜となっていて、参加できまーす!!
 ぜひ、第五回も日曜日にお願い致します。(地域の人)


//////////

京田辺、三回目終了。

これまでにない、いい感じの進んだセミナーです 



ご準備等、ありがとうございます







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

haruyanneさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。