同じ会社の入社式の昔と今 没個性なったのか? | 山梨県 月数回でも「わかる」ジェイド学習室

山梨県 月数回でも「わかる」ジェイド学習室

* 山梨県甲府市丸の内

*心理カウンセラー、学習アドバイザー、ライター

http://councel.jimdo.com/
http://haruth.web.fc2.com/

メール haruth2007@yahoo.co.jp

平井です。


さとうみつろうさんのブログと他の記事でも見かけたので、ちょっと話題の写真なのかな‥




これは33年前


いよいよバブル、経済が上向きの頃


なんとなく覚えてます。


色とりどり、肩パット入っていて、スーツも様々で、華やかな人たち。


さすがに入社式だから、それなりに正統派なかんじですが、プライベートではもっと弾けていたことでしょう。


その後、お立台やら、ディスコやら‥テレビで見てもキラキラしていました。


年上の親戚もサークルや友達と楽しそうなキャンパスライフ&新社会人生活を送っていました。



大人になったら、こんな華やかな楽しそうな派手な世界に!?




と思いましたらね、



いやいや、崩壊しましたガーン



92年ころ。



上の写真の86、87年頃から、5年間がそんな時代です。



後になってみれば、国全体がふわふわと浮かれていたような‥正にバブリーな時代。



崩壊したのが高2年かな、NTTだかの株が暴落したとかなんとか家でも戸惑っていた様な記憶があります。



アッシーやらメッシーやら話には聞いていましたが、私が大学になる頃は、割り勘が多くて(男性が少し多くもつくらい)、交通手段は(都内)基本電車‥そんな存在はもはや幻と化していました。



数年でガラリと変わったのです。



一瞬想像した花の女子大生とかアッシーくんどころか、この後私達の世代は受験戦争やら就職難やらの時代に突入していきますので、シビアな時代だったのかもしれません。




そして、同じ会社の入社式の現在がこちら




まぁ、上の写真とは打って変わり、揃いも揃ってリクルートスーツ。靴も!


時代は進んでいるのに‥むしろ封建的!?


北の映像を観るとギョッとすることがありますが、あまり変わらないのかもしれませんね。軍隊的で。


改めて、並べると、





全然違いますねえ。


ここ迄、同じ格好にしなくてもいいのに‥と客観的には思いますが、自分も就職や入社式の時は、好印象のマニュアル的な同じような格好していましたよあせる(苦笑)


私が見た記事は、バブル云々ではなく、昔より個性没落みたいな記事として書かれていましたが、


そんな時代背景を朧気ながら知っているので、その頃と今のファッションや雰囲気の違いの実感があるというのか、そうゆう意味では腑に落ちます。


今が異常というより、上記の写真(ここからの5年間)が日本という社会の中では、やや特殊だったと言える気もする。



個々人の個性はまた別として、現在の方が、社会的に求められる人物像が画一化、管理化されているのでしょうかね。



就職には困らないし、賑やかなお祭りのような彩りはありました。


海外物のブランド志向、大量生産&消費の物質的社会で(崩壊するくらいだから危ういし)、その時代よカムバックおいでとは思いませんが‥



表情、髪型、服装を観ると、余裕と自由な雰囲気が感じられます。



何だろう‥



違いの一つは、パソコンも携帯も、一人一台なんて考えられなかった。


面倒でも人と人とのコミュニケーションは対面か電話で、温度を感じられました。

今の様に多くの目線が携帯やipadの画面ではなかったのは確かです。




バブリーとか何とか、今やギャグになっていますが、この時代をリアルに過ごしていた方々は懐かしく感じているかもしれません。


ちょっと質問なんかした日には、この時代のことを話す時の、遠い目や生き生きとした感じ‥

お若い方はぜひ40代後半以上の人(特に顕著なのは土地持ちの人または、当時都会にいた人)に聞いてみてください。面白いですよルンルン



平成もあと僅かになってきました。


発表された時には聞き慣れなかった令和も(子供の学校からも号外が配られた)、聞いているうちに馴染んできました。


どんな時代になるのでしょうか。


間もなくやってくる消費税10%なんて高すぎるアセアセ
子供の頃は0%でしたからね。

日本経済の立役者の渋沢栄一さんが今度の一万円札に描かれるのも、経済を良くしたいという願望の現れかと。

紙幣からカードやペイペイなどデジタルに代わりつつあり、渋沢さんのお札は最後の紙幣になるとも言われています。



皆さんは、これらの写真を見てどのように感じますか?



たった二枚の写真で、いろいろ考えさせれ、つい長文になっちゃいました〜。


にもかかわらず、読んで下さり、有難うございました!えーん




追記

Wikipedia
バブル期について一部 引用

ただし、多くの人が好景気の雰囲気を感じ始めたのは1987年10月19日のブラックマンデーをすぎた1988年頃からであり[4]、政府見解では、日経平均株価が38,957円の史上最高値を記録した1989年12月29日をはさみ、1992年2月までこの好景気の雰囲気は維持されていたと考えられている[5]