BMSビジネスヒントヒント 278 < 営業していますか? > | 経営実践研究団体BMS ビジネスヒント

経営実践研究団体BMS ビジネスヒント

中小企業を対象とした経営者教育団体
経営実践研究団体BMSが一般に公開するビジネスヒント
詳しくは、ホームページをご覧下さい。https://bms-japan.com


テーマ:

BMSビジネスヒント 278

< 営業していますか? >

 

店を営む営業ではなく、お客様にアプローチをする営業。

大半の店は待ち商売

お客様が来るのを待っている。

 

せいぜい仕掛けて広告宣伝、ホットペッパーに頼りっきり。

 

 

美容学校の話

少子化の影響、美容師人気の低下によって美容専門学校の生徒が減少しています。

学校も必死。

積極的に高校回りや説明会。

必死に動いて生徒を確保しているんです。

 

カリスマブームの時は、どんな美容学校でも生徒は満杯。

しかし今は人気校とそうじゃない学校で大きな差。

 

人気校って立派な学校だから、レベルの高い授業だからじゃないんですよ。

必死に営業しているからなんです。

 

サイトに工夫、動きに工夫。

先だってある美容専門学校の校長と会食。

連夜の接待攻勢。

高校の校長や教頭、さらには進路指導の先生を接待。

どうか一人、どうか二人と生徒を集めているそうです。

 

お金も時間もかかる。

しかし、今の時代、それも必要な手立て、

なりふり構っていられないんです。

 

では・・美容室は?

店内だけの営業。

あとはホットペッパー任せになっていませんか?

 

チラシを配ることを恥だと思っていませんか?

売り込むことを格好悪と思っていませんか?

 

商売って客が一杯来たところが繁盛店なんです。

お客様が一杯買ってくれたところが繁盛店なんです。

 

店主が客待ちで新聞広げて読んでいる床屋さんを見て

あれじゃダメだと思ったような光景に今の美容室はなっていませんか?

 

労を惜しんだら結果は出ない。

もし業績を上げたいなら営業しに外に出かけるんです。

客集めをするんです。

 

ホットペッパーの費用うんぬんと言うなら

自分の足で稼ぐんです。

 

 

営業すると決めるんです。

そして動き回るんです。

営業の基本は、量の論理。

動いた数に結果は比例するんです。

 

受け身から能動的な体質に変える。

そう決めて動いたところが繁盛するんです。

 

もう待っていて繁盛する時代じゃないですよ。

 

_______________

 

さあ、経営実践研究団体BMSに入会し、多くのコトを学んでください。
入会は経営実践研究団体BMSホームページから。

 

また、BMSについて詳しくお知りになりたい方は

03-6426-8229 (担当川野)へお問い合わせください

無知は恥ではない。
学べば済むこと。
むしろ恥じるべきは学びを放棄する事なんです。
そのために経営の基本を学び、発展する会社を造るんです。
どうぞ経営実践研究団体BMSの入会し、壮大なロマンを抱き,
未来に向う立派な会社を造ってください。

 

経営実践研究団体BMS主宰 

     カットルームグループ代表
            橋本憲夫

 

 

 

 

 

 

 

 

経営実践研究団体BMSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス